ACCESS、台湾向け通販業務支援サービス「CROS(TM)」を開発、提供開始 ― 日系企業の台湾進出、ビジネス定着・成長を支援 ―~“ティーエージェント”、“やずや”に採用~

@Press / 2014年9月30日 11時0分

「CROS」ロゴ
 株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏 伸哉、以下 ACCESS)は、台湾向け通販業務システムの構築・運用を支援するサービス「CROS(TM)(クロス)」を開発し、主に通販業界の日系企業を対象に、本日より、本格的に商用サービスとして提供開始しました。
 本サービスは、既に化粧品・美容食品通販企業の株式会社ティーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:恒吉 明美)の現地法人美樂思股イ分(※1)有限公司、健康食品通販企業の株式会社やずや(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:矢頭 徹)の現地法人台灣養滋雅股イ分(※1)有限公司に採用され(社名はサービス採用順に明記)、2014年6月より、両社の台湾向け通販業務システムとして運用開始されております。

http://www.atpress.ne.jp/releases/51745/img_51745_1.png
「CROS」ロゴ

【開発背景】
 人口約2,300万人を有し、過去10年のGDPは4.1%と安定した経済成長を遂げている台湾市場には、日本からの投資が年々増加傾向にあります。日本ブランドに対して好意的であり、インターネット関連事業の規制がほとんどない同市場には、特に近年では、巨大アジア市場への進出の第一歩として、小売などの非製造業での投資が急増しています(※2)。こうした中、ACCESSは、台湾での通販事業を検討している企業や展開中の日系企業を対象に、業務システムのローカライズや、言語、他の日系競合ブランドとの差別化といった企業が抱える課題をワンストップで解決する、業務支援サービス「CROS」を市場投入いたしました。

【サービス概要】
 「CROS」は、受注機能、バックオフィス機能、広告効果分析(CRM(顧客管理)を含む)機能を統合したシステムを構築・運用代行するサービスです。これら3つの機能は相互に連携していますので、顧客情報連動型のマーケティング活動を効率的に継続することが可能となります(下図参照)。また、すべての機能はクラウドと連携したASPサービスとして提供され、日本語・中国語(繁体字)に対応しています(英語順次対応予定)ので、ユーザ企業は、国内外を問わずいずれのPCからもサービスを利用することが可能です。さらに3つの機能すべてにACCESS独自開発の使い勝手のよいユーザインターフェース(UI)が実装されていますので、本サービスを採用することにより、台湾での通販事業を目指す企業や展開中の企業は、複雑なシステム構築や運用に煩わされることなく、スピーディーに、自社ブランド製品を市場投入することが可能となります。

@Press

トピックスRSS

ランキング