サードウェア、LINBITクラスタスタック・サポートのAWS向けサポートを開始

@Press / 2014年10月6日 10時0分

構成図1
株式会社サードウェア(所在地:東京都墨田区、代表取締役:久保 元治、以下「サードウェア」)は、2014年10月6日に、アマゾンウェブサービス(以下「AWS」)(*1)のAmazon Elastic Compute Cloud(以下「Amazon EC2(TM)」)において、Linux用HAクラスタソフトウェアである「DRBD/Heartbeat/Pacemaker」の正式サポートを開始いたしました。


【サポート内容】
・「LINBITクラスタスタック・サポート」のサポート対象プラットフォームをAWSに対して拡張(対象OSは別途ご確認下さい)(*2)
・Elastic IPを管理するリソースエージェントの提供(VPC(仮想プライベートクラウド)が対象)


【サポート開始の背景】
企業のITシステムにおいてAWSの活用が急速に成長しています。AWSは高い可用性を持っていますが、仮想インスタンス上のアプリケーション障害時にはサービスの停止・データ破壊が発生してしまいます。これらの障害にも対応して高い可用性を実現するには、HAクラスタ構成は不可欠です。
サードウェアでは、AWSにおけるDRBD/Heartbeat/Pacemakerの正式サポート、ならびにAWSのAPI仕様変更にも対応できる形でクラスタリングソフトを利用したいという要望を多数頂戴しておりました。新たに提供するリソースエージェントは、技術提携先のLINBIT社とも協議の上でサードウェアが開発したものです。
「LINBITクラスタスタック・サポート」ではAWSの同一リージョン内にある複数のアベイラビリティゾーン間/同一のアベイラビリティゾーン内でのHAクラスタ構成をサポートします。また、Elastic IPに対する監視等AWS側の仕様変更に対しての配慮もサードウェアが実施するため、AWSユーザ様は安心してHA環境をご利用いただくことができます。


[構成図1]
http://www.atpress.ne.jp/releases/52026/img_52026_1.png


本リリースに伴いAWS用クラスタ構成ガイドを公開しました。
【AWS用クラスタ構成ガイド】
ダウンロード: https://www.3ware.co.jp/download/whitepaper

■Amazon EC2環境におけるサイボウズOfficeクラスタ構築手順書
[AWS用クラスタ構成ガイド 構成図2]
http://www.atpress.ne.jp/releases/52026/img_52026_2.png

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング