海外進出を行う企業向けのICTサービス提供における百十四銀行との業務提携について

@Press / 2014年10月6日 15時0分

 NTTコミュニケーションズ株式会社(略称:NTT Com)と四国の大手地方銀行である株式会社 百十四銀行(略称:百十四銀行)は、百十四銀行の顧客企業が海外における通信・システム環境について、新規構築もしくは課題解決が必要な場合に、NTT Comが百十四銀行より当該お客さまの紹介を受けるビジネスマッチング契約を、2014年10月6日に締結しました。


1.背景
 海外進出する日本企業の裾野は中堅・中小企業にまで広がっており、海外における新たな業務拡大を支援する金融機関からの融資額も増加傾向にあります。一方で、進出先における通信・電話・社内システム連携など、ICT環境整備を高品質かつオンデマンドに実現することは、特に新たに海外進出する企業にとって、従来課題になっていました。
 日本企業の海外進出をサポートしてきた10年以上の経験と、世界42カ国/地域・120都市に展開する拠点を持つNTT Comは、お客さま企業の業務拡大を支援します。


2.提供サービス
 今回の業務提携により、百十四銀行の顧客で、海外進出する、もしくは海外展開を拡大する企業は、資金調達面だけではなく、世界9カ国/地域・11拠点の基盤を持ち、お客さま毎のカスタマーポータルからの柔軟な設定変更など、セルフマネージメントが可能なクラウドサービス「Bizホスティング Enterprise Cloud( http://www.ntt.com/bhec/ )」、世界196カ国/地域において提供可能な企業向けのネットワークサービス「Arcstar Universal One( http://www.ntt.com/vpn/ )」や、PCやタブレットからいつでもどこでもオフィスにいる時と同じデスクトップ環境を利用できるクラウド型仮想デスクトップサービス「Bizデスクトップ Pro Enterprise( http://www.ntt.com/bdp-ep/ )」などを利用したグローバルICT環境構築に関するコンサルティングおよびソリューション提供を受けることができます。

 お客さまのICT環境のクラウド化・データセンターへの移行を契機にネットワーク、音声などのアプリケーション、セキュリティなど世界共通仕様のサービスを最適に組み合わせ、一元的に運用する通信事業者ならではのICTソリューションと、お客さまや地域社会との共存共栄を図りつつ、お客さまのビジネス拡大を多角的にサポートするコンサルティングサービスを組み合わせ、海外進出企業向けに世界共通品質の先進的なICT環境の提供を実現します。


<参考>
会社名  :株式会社 百十四銀行 http://www.114bank.co.jp/
本店所在地:香川県高松市亀井町5番地の1
創業   :明治11年11月1日
概要   :総預金3兆9,642億円の四国大手の地方銀行で、
      全国123店舗(本支店102、出張所21)・
      海外駐在員事務所2拠点(上海・シンガポール)に展開。
      (平成26年3月31日現在)

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング