エレクトロビット(EB)とニュアンス、新型アウディTTで自然な音声対話を実現 新型アウディTTのバーチャルコックピット、インテリジェントな音声技術と自然言語理解技術を活用し直感的なドライバーとの対話を実現

@Press / 2014年10月10日 12時30分

バーチャルコックピット
フランス、パリ - より人間らしい人と機械の対話が実現しようとしています。エレクトロビット(以下、EB)とニュアンスコミュニケーションズ(以下、ニュアンス)は2014年10月2日、パリモーターショーにおいてニュアンスの音声技術と自然言語理解(NLU:ナチュラル・ランゲージ・アンダースタンディング)技術が、新型アウディTTロードスターのバーチャルコックピットに採用されたことを発表しました。これによりドライバーは、アウディのインフォテインメントやナビゲーション機能を、まるで友達に話しかけるように自然な音声対話で操作することができます。直感的な音声コマンド機能によって、ドライバーと同乗者は定型的な音声コマンドにこだわることなく、ごく日常的な言葉を使ってシステムメニュー、電話、チューナー、メディアおよびナビゲーション機能などを操作することが可能となりました。

新型アウディTTは、ニュアンスのコネクテッドカープラットフォーム「Dragon Drive!」による音声対応インフォテインメントにNLU機能を搭載した、アウディとしては初めてのモデルです。ドライバーと同乗者は、車載での利用環境に最適化された高精度な音声認識と音声合成により、一貫性が高く、自然な音声対話を体験することができます。これによりドライバーは前方を注視してハンドルを握ったままの状態で、スマートかつ安全な車載システムの利用を実現しました。

EBのオートモーティブビジネスセグメント事業運営担当上級ヴァイスプレジデントのマーカス・シュップフナー氏は、「NLUは、アウディの革新的なバーチャルコックピットコンセプトの必要不可欠な要素で、ドライビングダイナミクスのように直感的な車載システムの利用体験を実現します。バーチャルコックピットはヒューマン・マシン・インターフェース(HMI)開発における画期的な出来事で、新たな業界スタンダードの基礎を築くものです。」と語ります。

EBは、業界をリードするニュアンスの音声技術をアプリケーション開発エコシステムに組込み、ナビゲーション、電話、オーガナイザー、その他のシステムのアプリケーションとの円滑なやりとりを可能にしています。EBとアウディの共同所有企業であるe.solutions GmbHは、様々なアプリケーションを総合的なHMIシステムに統合する開発担当し、シームレスなユーザー体験を創造しました。EBとe.solutionsの両社は、これまでも業界をリードするEBの統合型HMIソフトウェアプラットフォーム「EB GUIDE」の開発に共同で取り組んでいます。

@Press

トピックスRSS

ランキング