ニュアンスの声紋認証技術、パナソニックのスマートビエラに採用 声の特徴により、家族ひとりひとりを声で識別

@Press / 2014年11月18日 12時0分

マイチャンネル機能により、個人を識別する画面表示例
東京 ― 11月18日、ニュアンス・コミュニケーションズ(以下 ニュアンス)は、声による個人認証や家族ひとりひとりに合わせたテレビ視聴を可能にするニュアンスの声紋認証技術が、パナソニック株式会社が発売しているテレビ、スマートビエラに採用されたことを発表しました。声紋認証技術を通じて、家族ひとりひとりはスマートビエラに話しかけるだけで、自分に固有な声紋を認証させることができ、テレビ画面でお好みのチャンネルやコンテンツにすばやくアクセスできます。ニュアンスの声紋認証技術は、パナソニックが世界に先がけて家庭用のテレビに搭載しました。

パナソニック株式会社アプライアンス社 上席副社長でホームエンターテインメント事業部の楠見 雄規事業部長は、「ニュアンスの声紋認証技術をスマートビエラに搭載することで、テレビでのユーザエクスペリエンスをこれまで以上に高めることができました。お客様はお好みのコンテンツを見つけるのに、膨大なチャンネルリストやメニューを探し回ることから解放され、声により簡単にアクセスできるようになりました。」と述べています。

パナソニックはスマートビエラ製品にニュアンスの音声技術を搭載することで、お客様がチャンネルを変えたり、お気に入りの番組名や出演者名を検索できるようにしていきます。さらに今回、声紋認証技術を採用することで、お客様は「マイチャンネル」のような短く簡潔なフレーズを発声するだけで、欲しいコンテンツや情報を即座にテレビに表示させることができるようになりました。

これまで、ニュアンスの音声認識ソリューションは、2013年春モデルよりスマートビエラに採用され、ユーザがテレビリモコンに向かって話しかけるだけで、チャンネルを変えたり、番組名、出演者名からお気に入りの番組やコンテンツを検索したりする機能を提供してきました。このたび、新たに声紋認証技術を用いることで、ユーザは自分の声を登録しておけば、「マイチャンネル」などと発声するだけで、家族ひとりひとりが識別され、ライフスタイルに合わせたコンテンツの利用がより快適・手軽になりました。

ニュアンスのエグゼクティブバイスプレジデントで、モバイル&コンスーマ事業部門のゼネラルマネージャを務めるマイク・トンプソンは次のように述べています。「声紋認証技術は家庭で誰もがパーソナライズされたスマートTVを体験できる、驚くほど簡単な方法です。音声によるスマートTVエクスペリエンスに対するパナソニック社のビジョンは実に説得力があります。今日のネット接続型のテレビが提供するあらゆる機能を自在に活用できるようにする簡単でシンプルな手段を提供しています。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング