ヤマハ、イヤホンラインナップを拡充

@Press / 2014年10月23日 13時30分

『EPH-S01』シリーズ装着イメージ
株式会社ヤマハミュージックジャパンは、イヤホン「EPH」普及価格帯シリーズを新発売し、ラインナップを拡充していきます。装着スタイルが選べる独自の2Wayイヤサポーターによるフィット感の向上と、専用開発の8.5mmドライバー等による音質の向上を両立させたインイヤー型イヤホン4シリーズ『EPH-R52/52』『EPH-W32/R32/32』『EPH-W22/R22/22』『EPH-WS01/RS01』の全10モデルを、11月上旬より、全国で販売代理店(株式会社J※)を通じて順次発売いたします。
※詳細については、<製品の販売について>に記載。


<製品の概要>
今回発売するイヤホン4シリーズは、ヤマハ独自の2Wayイヤサポーターにより、自分の好みに合わせて耳かけ/ノーマルの2種類の装着スタイルが選べるインイヤー型イヤホン。着け心地の向上とともに、専用開発の8.5mmドライバーを採用するなど、コンパクトでありながら音質面でも優れています。
マット塗装のハイグレードモデル『EPH-52』シリーズ、光沢塗装のコンフォートモデル『EPH-32』シリーズ、素材色のカジュアルモデル『EPH-22』シリーズ、イヤカフで装着力をアップできるスポーツモデル『EPH-S01』シリーズをラインナップし、それぞれスタンダードタイプ(『EPH-S01』シリーズは除く)、スマートフォンなどのリモコン操作ができるリモコンユニットタイプ、Bluetooth(R)対応機器からワイヤレス音楽再生ができるワイヤレスユニットタイプ(『EPH-52』シリーズは除く)を用意し、全10モデルの中からお好みのモデルをお選びいただけます。


<『EPH-52』シリーズ 主な特長>
※リモコンユニットタイプ、スタンダードタイプ

1. 高級イヤホンにも採用の、マンガン制振合金を使用
マンガン合金をドライバーユニット周辺に塗布して制振効果を飛躍的に向上

2. タイトな低域と、クリアで抜けの良い高域再生を両立
振動板が最適に可動するエッジ形状や振動部(ドーム)面積に設定することで、コンパクトサイズながら幅広い帯域再生を可能

3. マット塗装仕上げで質感の高い、ハイグレードモデル

4. 装着スタイルが選べる、独自の2Wayイヤサポーター


<『EPH-32』シリーズ 主な特長>
※ワイヤレスユニットタイプ、リモコンユニットタイプ、スタンダードタイプ

1. 専用開発の8.5mmドライバーなど、ヤマハの技術を凝縮
高磁力のネオジムマグネットを使用し、振動板に精度の高いヤマハ独自のタンジェンシャル・エッジを採用

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング