30歳・40歳の「節目」を迎える男女の『学び』に関する調査結果 ~「不安」を動機に学習する層では男女差が明確に~

@Press / 2014年11月21日 16時0分

図表1
 一般社団法人全国産業人能力開発団体連合会(以下 JAD)は、全国の30歳・40歳といった年齢の「節目」を目前に控えた男女に対して、『学び』に関する調査を行いました。


■調査実施の背景
 年齢を重ねるごとに、人生の節目を意識する機会は増えます。とりわけ30歳・40歳の節目の年齢で、キャリアや人生の転機を迎えたという人も少なくありません。
 JADでは、年齢の節目に差し掛かった男女が学ぶ際の動機を探るため、全国の28~29/38~39歳の男女において、過去1年間で通学・通信・WEBを含む講座受講を行った・あるいは検討したことがある人を対象に、学びに対する調査を行いました。その際に、受講動機を「現実層」「不安層」「希望層」という独自の3つのパターンに分類しています。
 尚、本調査では、比較のため25~27/35~37歳の男女についても調査を行いました。


■調査概要
調査タイトル  :30歳・40歳の「節目」を迎える男女の
        『学び』に関する調査
調査期間    :2014年9月8日~9月12日の5日間
調査方法    :インターネット調査
調査対象者 年齢:25~27/28~29/35~37/38~39歳
性別      :男女
配信地域    :全国
         過去1年間で通学・通信・WEBを含む講座受講を行った、
         あるいは検討したことがある人を対象に調査
回答数     :合計1,200名
※有効回答数から希望・現実・不安の3つの層が、どの性別/年代でも50名ずつになるよう抽出


■調査結果
(1) ライフステージの変化:
  要因が職場の変化に偏る男性、職場から家庭まで多岐に渡る女性
 仕事内容の変化や、結婚・出産などの家庭の変化などのライフステージにおける変化の内容を探ったところ、男女共に「職場における変化」が上位を占めています。一方、「職場以外での自分の変化(結婚・出産など)があった」との回答は、女性が男性を大きく上回りました。

◆ライフステージの変化要因は、男女ともに1位は「求められるスキルが増えた、または変わった」(男性39.0%、女性28.2%)。職場における変化が上位を占めています。
◆「職場以外での自分の変化(結婚・出産など)があった」男性は7.7%、女性は20.5%

 年齢の節目に立たされている大人たちに仕事や家庭の変化について聞いたところ、変化を感じた人は79.6%にも上りました。変化の要因を探ったところ、上位に上げられた項目は、男性は1位「求められるスキルが増えた、または変わった」(39.0%)、2位「上司が変わった」(29.6%)、3位「仕事内容が変わった」(28.2%)、女性は1位「求められるスキルが増えた、または変わった」(28.2%)、2位「仕事内容が変わった」(24.3%)、3位「上司が変わった」(21.7%)という結果となり、男女共に職場における変化を要因とするものが上位に入っています。

@Press

トピックスRSS

ランキング