~OANDAがFX取引高と顧客獲得数で過去の最高記録を更新~

@Press / 2014年10月21日 9時30分

FX取引で世界展開するOANDAグループ(以下 OANDA)は、2014年9月度のFX取引高及び顧客獲得数が2001年よりFX取引サービス開始以来、過去最高となり、最大の躍進を遂げたことを発表しました。なお、2014年10月1日~3日においても1日における最高取引高記録を連日更新している事も同時に発表しました。


■為替分析リサーチ部バイスプレジデントのDean Popplewellのコメント
「為替トレーダーは市場にボラティリティが戻るのを心待ちにしていました。9月はその期待に見事に応えてくれ、為替業界全体の取引高が飛躍的に伸びました。スコットランドの独立住民投票や、中国の経済成長率に投資家の懸念が高まったこと等が主な要因として考えられます。」

「また主要な中央銀行の金融政策が取引機会を増やす事となり、投資家は近い将来FRB(連邦準備銀行)おける政策金利の利上げ開始時期のタイミングを注視しています。」


OANDAが公開しているFXトレンドデータ( http://www.oanda.com/currency/trends/ )によると、日本の投資家の投資分布はドル円(60%)、ポンド円(35%)、ユーロドル(4%)でした。


■OANDAのプレジデント兼CEOであるEd Edgarのコメント
「2014年の第3四半期は過去最高の取引高であり、第4四半期も前回の雇用統計の数値が良かったため、非常によいスタートを切る事ができました。」

「また、顧客獲得数が史上最高記録だった事に、私は非常に興奮しています。これはOANDAの歴史を変えた素晴らしいマイルストーンとなりました。これは、『約定力』、『低スプレッド』、『テクノロジー力』、『お客様を第一としたカストマサービス』といった弊社が提供する個々のサービスが、投資家に評価頂いたと考えています。また第3者機関のデータによると、弊社のお客様は業界でも収益性が一番高いといわれています。」


■OANDAについて
OANDAは、秒単位で付与するスワップ等、従来、FX業界にはなかった発想で、FX(外国為替証拠金取引)の世界に変革をもたらしています。海外でも各業界誌、新聞等で様々な賞を受賞しており、2012年には“Best Forex Provider”(ファイナンシャルタイムズ(英国))、2012年は“Best Value for Money”“Highest Overall Client Satisfaction”“Investors Chronicle”(シンガポール)など高い評価を受けています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング