レジェンダ・コーポレーション 文部科学省/独立行政法人日本学生支援機構から官民協働海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」の申請受付・審査支援業務を受託

@Press / 2014年10月24日 13時0分

人事BPR・BPO(採用・人事・労務・システム)のレジェンダ・コーポレーション株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:藤波 達雄、以下 レジェンダ)は、文部科学省/独立行政法人日本学生支援機構様より官民協働海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」の平成27年度前期(第2期派遣留学生)の申請受付・審査支援業務を受託いたしました。


■背景
文部科学省は、日本の若者が、海外留学に自ら一歩を踏み出す気運を醸成することを目的として、2013年10月より留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」を開始されました。官民協働で将来世界で活躍できるグローバル人材を育成することを目指し、2020年までに大学生の海外留学12万人(現状6万人)、高校生の海外留学6万人(現状3万人)への倍増を目標に掲げておられます。
第1期生となる平成26年度の申請受付及び書類・面接審査に伴う業務は、日本学生支援機構様が独自で行っていましたが、応募者管理を紙やエクセルで行うことで、業務が煩雑化していました。また、書面審査員・面接審査委員へ頻繁な個人情報郵送が行われていました。そのため、第2期生となる平成27年度前期の審査にあたっては業務の効率化、及び個人情報管理のセキュリティレベルの改善を課題として持たれていました。


■受託内容
レジェンダのシステムをご提供させていただくことで、セキュリティレベルを担保し、効率よく審査業務を行っていただくことが可能となります。今回、レジェンダが受託した業務において下記2つのシステムを導入いただくこととなりました。

[1]クラウド型採用支援システム『採用レボリューション』
『採用レボリューション』はiPadを使った選考ツールです。応募者のエントリーデータから面接結果・評価など面接に必要な全ての情報を一元管理できiPadで閲覧・入力ができます。審査における紙資料(評定表、履歴書)が減ること、審査員及び審査会場への移送リスク(紛失・遅配)を回避できること。以上の点から個人情報管理のセキュリティレベルを担保いたします。

[2]クラウド型採用管理システム『EHR採用』
『EHR採用』は大量かつ複雑な応募者データを正確・迅速に処理するために、複数のデータを重複なく連動させたり、複数ある選考のデータを適切に管理できる機能を備えています。応募者の一元管理を行い、審査業務の効率化を実現いたします。


【レジェンダ・コーポレーション株式会社について】
代表者: 藤波 達雄(代表取締役社長)
所在地: 東京都新宿区北新宿2丁目21番1号 新宿フロントタワー30階
連絡先: 03-6894-7310(代表)
創業 : 1996年10月
URL  : http://www.leggenda.co.jp/

事業内容:
人と組織の変革をサポートするBPR・BPO事業
1.採用サービス事業(採用コンサルティング、採用アウトソーシング)
2.人事サービス事業(人事コンサルティング、人事アウトソーシング)
3.労務サービス事業(労務コンサルティング、労務アウトソーシング)
4.システム事業(クラウド型人事システム[人事管理、就業、給与、申請、考課、サーベイ、採用])

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング