『戦国自衛隊 第1巻』10月27日刊行!

@Press / 2014年10月23日 10時30分

ポスター
 株式会社リイド社(所在地:東京都杉並区、代表取締役社長:斉藤發司)は、森秀樹(作画)/半村良(原作)の『戦国自衛隊 第1巻』を刊行致します。また、11月1日(土)秋葉原にて、「戦国自衛隊」&「ミリタリーショップ・ファントム」&「自衛隊」によるコラボイベントを実施致します。

『戦国自衛隊 第1巻』
http://www.leed.co.jp/book/b2234.html


◆概要
~日本SF界に衝撃を与えた傑作小説を、圧倒的な画力で大胆リニューアル~

 数々の名作劇画を描いて来た森秀樹氏が、SF小説の金字塔である「戦国自衛隊」を、大胆な解釈により劇画でリメイク致しました。本作は自衛隊を題材として扱っているため、森秀樹氏のファンのみならずミリタリーファンにとっても待望の作品です。

 「防衛省・自衛隊岩手地方協力本部」他、退役自衛官などの協力・監修を得て、細部まで徹底的に描写された最新式の自衛隊装備を惜しみなく用いた合戦シーンは、かつてない程の臨場感を生み出しています。「アパッチ」「10式戦車」「コブラ」など、ミリタリーファン垂涎の近代兵器が続々と登場し、自衛隊員のヘルメットや「9mm拳銃」「89式小銃」など、装備品もリアルに再現。
 従来の森秀樹氏のファン以外に「ミリタリーファン」などの新規読者獲得を期待しています。
 なお、単行本の帯には、特別に防衛省・自衛隊岩手地方協力本部長 一等陸佐 黒田弘人氏からコメントを頂戴いたしました。


◆ストーリー説明
 富士の裾野で大演習を展開していた自衛隊を、突如「時震」が襲う。大量の補給物資や戦車、装甲車、ヘリコプターなどの最新兵器とともに、四百年前の戦国時代にタイムスリップしてしまった伊庭義明 三等陸尉を中心とする自衛隊一団は、否応なく戦国時代の渦に巻き込まれる。
 置かれた状況に困惑しつつも、“時代に介入し、大きな時代の変化をもたらせば現代に戻れる”と信じ、伊庭義明達は本能寺で果てる筈の織田信長を救出するという大胆な作戦を開始した。


◆プロモーション
 11月1日(土)秋葉原にて、「戦国自衛隊」&「ミリタリーショップ・ファントム」&「自衛隊」によるコラボイベントを実施。
 『戦国自衛隊 第1巻』の購入者の先着100名様に「戦国自衛隊オリジナルグッズ」が当たる、くじ引きを実施します。

<プレゼント内容>
1等 「戦国自衛隊」オリジナルTシャツ(10名様)
2等 「戦国自衛隊」オリジナルパッチ(20名様)
3等 「戦国自衛隊」オリジナルクリアファイル(70名様)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング