JP-Secure、日本語対応WordPress用セキュリティプラグイン「SiteGuard WP Plugin」無償提供開始 ~ 国内ベンダー初、WordPressのセキュリティ対策と発展に貢献 ~

@Press / 2014年10月24日 9時30分

SiteGuard WP Plugin 1
株式会社ジェイピー・セキュア(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:菅原 修、以下「JP-Secure」)は、日本語対応のWordPress用セキュリティプラグイン「SiteGuard WP Plugin」の無償提供を開始しました。


WordPressは、簡単にブログを作成できるだけでなく、プラグインによる機能拡張など、ユーザーにとって様々な魅力がある実績豊富なオープンソースのCMSです。特に、ホスティングサービスを利用しているユーザーからの人気が高く、世界的にも圧倒的な人気を誇っています。しかしながら、不正ログインや改ざんなど、WordPressで作成されたウェブサイトへの攻撃は増加の一途を辿っており、WordPressのセキュリティ対策は重要な課題となっています。

「SiteGuard WP Plugin」は、難しい知識を必要とせず、インストールするだけでWordPressのセキュリティを向上させることができる日本語対応のセキュリティプラグインです。「SiteGuard WP Plugin」を利用することで、外部からの不正ログインを防御するほか、管理ページへの不正アクセスやコメントスパムの脅威からウェブサイトを守ることができます。

WordPressのセキュリティ対策と発展に貢献するため、「SiteGuard WP Plugin」は、WordPressの公式ディレクトリへの登録、リリースとなっていますので、どなたでも無償でご利用いただくことができます。シンプルかつ簡単に利用できるという「SiteGuard」シリーズのコンセプトのもと、企業のシステム管理者、個人ユーザーを問わず、誰もが簡単に安心してWordPressを利用できる環境を提供していきます。

なお、当社サービスパートナープログラムに加入頂いた企業様には、「SiteGuard WP Plugin」の活用に関するプレミアサポートサービス(「SiteGuard WP Plugin」専用メールアドレスによる製品サポート)をご提供いたします。


■SiteGuard WP Pluginの主な機能
1. 管理ページアクセス制限
ログインしていない接続元IPアドレスからの管理ページ(/wp-admin/)へのアクセスを制限します。
WordPressのセキュリティ対策の一つとして、管理ページへのアクセス制限が挙げられますが、接続元IPアドレスを固定することができない環境でのアクセス制限は、困難であるという課題がありました。
管理ページアクセス制限の機能により、ログインに成功した接続元IPアドレスのみ、管理ページ(/wp-admin/)へのアクセスが許可されるようになりますので、ホスティングサービスを利用している個人ユーザーの環境などでも管理ページへのアクセス制限を簡単に適用することができます。

@Press

トピックスRSS

ランキング