「スマホ頭痛」患者の来院が昨年比3倍以上!血管ストレッチによる総合治療「PCTS 頭痛解消コース」を西麻布で提供

@Press / 2014年10月30日 11時30分

ストレッチをメインとした痛みを伴う疾患を解消する総合治療院である株式会社インティグレティドゥ・メディカル研究所(本社:東京都港区西麻布、所長:山崎 喜明)は、当院の提供している、血管ストレッチによる総合治療「PCTS 頭痛解消コース」の利用者が2013年比3倍以上に急増していることを報告いたします。

URL: http://www.i-medical-i.com/


■「スマホ頭痛」の急増
近年、スマートフォンの急激な普及により、若年層から高齢の方まで、沢山の方がスマートフォンをご利用になっています。それに伴い、急増してきているのが「スマホ頭痛」という疾患です。

イスや電車の中でスマートフォンを操作する際の首を垂れ下げて画面を見る姿勢が脳への血流を著しく悪くしてしまうため、慢性的にこの姿勢を続けていると、頭痛をはじめとする、脳への血流の悪化による疾患を発症してしまう可能性が高くなります。

現に当院でも、「スマホ頭痛」による疾患の患者様が2014年に入ってから昨年の3倍以上増えています。


■「PCTS 頭痛対策コース」とは
PCTS(Pain Cure Treatment Stretch)は、身体全体(心身)を統合的に診療し、痛みの原因を的確に特定して治療する、血管ストレッチです。普通のマッサージ、施術では対処しきれない、脊髄や骨の近くの血管の血流を良くすることが出来るため、さまざまな疾患にも対応することが可能になっています。

特に現在は時流からも頭痛に悩まれる方が急増しており、当院では予約の大半がこの「PCTS 頭痛対策コース」です。ほとんどの方に2回~3回で痛みが和らぐなどの効果を体感していただいており、多くの方から支持されております。


■今後の展望
今後はこの「PCTS」自体をより多くの医院や開業医に広めるために、フランチャイズ展開、スクール展開などを予定しています。


■会社概要
社名  : 株式会社インティグレティドゥ・メディカル研究所
代表者 : 所長 山崎 喜明
所在地 : 〒106-0047 東京都港区西麻布5-2-35 6F
URL   : http://www.i-medical-i.com/
事業内容: あらゆる疾患に対する総合医療である
      PCTS(Pain Cure Treatment Stretch)を含む総合治療院

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング