テレビスポットCM価格:最新市場概況と2015年半ばまでの中期予測 今後2015年半ばまでは緩やかなデフレに転じる可能性あり?

@Press / 2014年11月4日 10時30分

SPIIndex=テレビスポットCMマーケット平均単価の推移
企業のマーケティング・広告宣伝活動における費用/価格/投資対効果についての、測定/ベンチマーキング/透明化/最適化を使命とする株式会社エスピーアイは、保有する「SPIIndex(テレビスポットCMマーケット平均/ベンチマーク単価)」を基に、「テレビCM最新市場概況(テレビスポットCMマーケット単価の推移)」と「2015年半ばまでの中期予測」についての分析を行いました。

URL: http://www.spi-consultants.com/ja/spi_index/0054.html


分析結果は下記の通りです。

(1) 2014年前半(1~6月)は対前年で約5~6%のインフレ
…1~3月は消費税増税前駆け込み需要の影響でインフレーション
…4~6月は上記反動を殆ど受けず、景気回復見込みが後押しとなり、需要逼迫によりインフレ継続

(2) 今後2015年中盤(2015年8月)迄は、現在の急激なインフレがストップし、緩やかなデフレ傾向に転じる見込み
…2014年後半は、2013年後半~2014年前半でのインフレ傾向が頭打ちし、反動が現れる見込み
…2015年中盤(2015年8月迄)まで緩やかなデフレーション傾向になる、と予測される


詳細は下記をご覧下さい。

(1) テレビCM最新市場概況(テレビスポットCMマーケット平均単価の推移):2014年前半振り返り
…消費税増税前駆け込み需要と、その反動が未だ現れなかった事で、インフレが継続した

・2007年に発生したリーマンショックによる経済ダメージの影響により、2008年頭からデフレーションが発生し、2010年初頭まで値下がりトレンドであった。

・2010年初頭に値下がり傾向が底を尽き、景気回復と足並みを揃える形でインフレーションに転じ、途中東日本大震災の影響を受けたものの2012年半ばまでインフレ継続となった。

・2012年半ば~2013年半ばは市況安定化していたが、2014年3月の消費税増税が決定するとその“駆け込み需要”の影響で急激なインフレ発生、2014年4月以降もしばらくは反動が現れず。

■下記図:SPIIndex=テレビスポットCMマーケット平均単価の推移
http://www.atpress.ne.jp/releases/53094/img_53094_1.jpg

*インフレーション下では、購買時点コストはインフレしていないが「質(=予定GRPに対する実績GRP獲得量、等)」が大幅悪化する広告主も多く発生する。
*上記分析は「全体傾向」であり、地区別・局別で見ると大きな差異が生じている。

@Press

トピックスRSS

ランキング