オトナの贅沢を彩る銀座の懐石料理店「Kuma3」が、10月30日(木)から松葉蟹のフライ、聖護院蕪のすり流しなど、秋&冬の豪華料理をスタート!12月限定で「ソムリエのペアリングコース」も!

@Press / 2014年10月31日 15時30分

「黒毛和牛もも肉ロースト 山葵とバルサミコのソース」
数々の食通を魅了し続けているNeo Japanese Dinner「Kuma3」(くまさん)は、大人気の“低温・真空調理”でしっとり柔らかに仕上げた黒毛和牛のローストや松葉蟹の芳醇な風味のフライ、秋冬に甘味が増す根菜料理などの秋&冬メニューを10月31(金)からスタートします。旬の食材をふんだんに使った逸品を取り揃え、さらに12月限定で「ソムリエのペアリングコース」などもご用意しますので、忘年会やクリスマス、新年会などのディナーなどでご堪能いただけます。


【大人気!看板メニュー(一例)】
■「黒毛和牛もも肉ロースト 山葵とバルサミコのソース」
http://www.atpress.ne.jp/releases/53135/img_53135_1.jpg
黒毛和牛の素材本来のおいしさを存分に堪能できるように“低温・真空調理”という技で仕上げました。出汁や醤油の自家製ダレに漬けて真空パックし、65℃の低温で調理することで驚くほどしっとり、やわらかな食感に。口に含んだ瞬間、ほんのり甘い肉汁がにじみ出て、とろけてしまう舌触りです。仕上げにローストすることで香ばしさもプラス。山葵とバルサミコ酢の取り合わせは意外ですが、濃厚な肉の旨味と絶妙にマッチ。つけあわせはその時々に厳選した旬の野菜をお楽しみいただけます。同店ではほかに、麦味噌漬けの真空調理の料理なども提供しています。


【今が旬!秋冬の贅沢料理 コースより一例】
■「松葉蟹と椎茸三つ葉の香りフライ」
和食のコースの中ほどで供される揚げ物は天ぷらが定番ですが、こちらは少々趣向を変えたフライ。真ん丸型の可愛らしいフライを割ってみると贅沢に松葉蟹の身がぎっしり。ほかに椎茸や三つ葉が入って、ふくよかな香りが広がります。しっかり泡立てた卵白でつなぎ、細かいパン粉で揚げるので、サクッとした衣にふわふわの中身。噛めば蟹の身がホロホロほどけ、風味が口いっぱいに広がり至福の瞬間を迎えます。醤油ベースの旨だしソースがジュレ仕立てなので、衣はサクサクのまま味わえます。舌ざわりなめらかなジュレ使いの妙、それが同店の魅力のひとつです。

■「鰤と大根の鍬焼き 黒七味 白髪葱」
ギリシャのガラス食器に大胆かつ繊細に盛り付けられた、今が旬の大根とブリ。白髪葱の香味と京都・黒七味のコクで極上のハーモニーを奏でます。ブリは伝統的な鍬焼きながら、パサつかないようにさっと火を通すことで、しっとり煮込んだような深い味わいに。仕入れによっては、雲子(タラの白子)と大根の組み合わせで、風味豊かな逸品に。今が最高のおいしい旬の食材を、一番おいしい方法でご賞味いただけます。

@Press

トピックスRSS

ランキング