スマートフォン用アクセサリーでHOYAサービスとファクタスデザインがコラボ商品を展開

@Press / 2014年10月30日 15時0分

イメージ写真
HOYA株式会社(本社:東京都新宿区、代表執行役CEO:鈴木洋)の100%子会社であるHOYAサービス株式会社(本社:東京都中野区、社長:大原幸男)とインダストリアルデザインで全国的に有名なファクタスデザイン(東京都杉並区、代表取締役:鉢呂文秀)は、スマートフォン用アクセサリーの分野で共同で製品企画・販売を行なうことで合意しました。
HOYAサービスでは、2013年よりHOYAのガラス素材開発技術、加工技術を活かしスマートフォン用保護ガラスZ'us-G(ゼウスジー)を販売しています。ゼウスジーは、アルミノシリケートガラスを「全面強化」し、ガラスの縁まで強い加工が特長のスマートフォン用液晶保護ガラスです。そのため「衝撃への強さ」が特長で、お客様から大きな支持をいただいています。
ファクタスデザインは、時計を中心とした小型切削モデリングが特徴の会社で、スマートフォン用カバーではFactron(ファクトロン)ブランドで特徴的な商品を多数販売しています。
HOYAサービスとファクタスデザインは、スマートフォンアクセサリー分野では、ともに高品質で「スマートフォンを守る」というコンセプトで商品展開をしていることにより、両社商品のセット販売を両社のサイトで販売することになりました。

写真
HOYAサービス ゼウスジーiPhone6Plus用パッケージ
ファクトロン Quattro for iPhone6 HD

今後両社は、両社のセット品のバリエーションを増やしていくとともに、ガラスと金属の融合をテーマとした新たな製品を企画していく予定です。

販売サイト
ゼウスジー
http://zusg.hoya.jp/
ファクトロン
http://factron.net/quattroforiP6_HD.html

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

iPhone6Plus用ゼウスジー写真ファクトロン写真

@Press

トピックスRSS

ランキング