米国ポテト協会『アメリカン スマートポテト キャンペーン』ロゴマークを一新

@Press / 2014年10月31日 13時0分

米国ポテト協会 新ロゴ
米国ポテト協会 日本代表事務所(本部:米国コロラド州デンバー/日本代表事務所:東京都港区)は、2014年11月1日(土)から開催する第3回『アメリカン スマートポテト キャンペーン』から、順次新キャンペーンロゴマークの使用を開始することをお知らせします。

全米約2,500のポテト生産者が「世界の食卓に美味しいポテトを届けたい」という情熱を込めて、サステナビリティ(持続可能性)にこだわって育てたアメリカ産ポテト。その確かな品質と風味豊かな美味しさは、徹底した管理の下で、日本の食シーンに届けられます。子供から大人まで幅広い世代に愛されるポテトを、もっと色々な料理で、もっと気軽にという願いの象徴として、優しい笑顔のシェフがポテトを差し出すデザインにしました。


■背景
日本を代表するポテト料理と聞いてまず思い浮かべるのは肉じゃがやコロッケなどですが、海外に目を向けると、アメリカには「コンフォートフード(ほっとする食べ物)」といわれるマッシュポテトがあり、イタリアはニョッキ、イギリスはシェパーズパイ、フランスはアリゴなど、ポテトを使った料理は世界中にたくさんあります。

ここ最近、消費者の「プチ贅沢」志向が高まるにつれ、ブランチという食スタイルや、エッグベネディクトやパンケーキなど海外から発信されたメニューが、人口動態、経済動向、ライフスタイルの変化に呼応するようにブームになり、日本の食シーンでも定着するようになりました。そのような中で、米国ポテト協会は、世界各地にあるポテト料理を知って、味わう機会をもっと増やしていきたいという願いを込めて『アメリカン スマートポテト キャンペーン』ロゴマークを一新しました。


■『アメリカン スマートポテト キャンペーン』
『アメリカン スマートポテト キャンペーン』とは、お客様にワクワクしながら楽しくアメリカ産ポテトを食べてもらおうというコンセプトのキャンペーンです。2014年11月1日(土)から2014年11月30日(日)に開催する秋のキャンペーンは、対象のアメリカ産ポテトメニューを購入してキャンペーンサイトでクイズに答えて応募すると、抽選で合計333名様にQUOカード1,000円分などが当たる内容となっています。参加店舗に関する情報は、米国ポテト協会Facebook「もっと。アメリカンポテト」でご紹介します。( https://www.facebook.com/AmericanPotato.jp )

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング