その美しさが夜空に映える、情感たっぷりの工場プラントたち 2015年版カレンダー『プラント・イン・ザ・ナイト』好評につき4シーズン目販売開始!

@Press / 2014年10月31日 15時0分

『プラント・イン・ザ・ナイト』 表紙
株式会社杉本カレンダー(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:杉本 庄吾)は、2012年版の発売以来、「工場夜景」をテーマにして大好評をいただいております『プラント・イン・ザ・ナイト』カレンダーを、今年も2015年版として発売いたしました。


【商品の特徴】
■視覚以外の部分にも訴えかけるような“作品”を追求
当然ながら、この商品では、設備照明の明るさや華やかさ、それを反射しているプラント設備の輝き、そして明度、彩度のコントラストの妙、といったものを追求し、それらを前面に打ち出しています。

しかし、当社の企図としては、単に綺麗だというような視覚に訴える要素だけでなく、休むことなく夜も稼働している工場プラントたちを半ば擬人化して捉え、その“たたずまい”の部分によりクローズアップしています。本当に聞こえてきたり感じたり出来る訳ではありませんが、その場面場面の音や静けさ、空気感や温度のようなものまでが伝わって来る作品を目指して仕上げているのです。

日中にはあれほど無味乾燥した存在に思えた“工場プラント”という実体が、夕闇にライトアップされる頃から“主人公として”キラキラと輝き始め、時には“詩情”さえも演出する…そんな様を表現したいと考えて制作いたしました。


■映画館でスクリーンを見ているイメージで制作
この商品の画像部分は、映画館のスクリーンをイメージして作られています。上部にもあえて広めにベタ塗り部分を設けているのはそのためです。

また、縦横比についても、キャプション表示があることなどを加味して微調整はしているものの、基本的には1:1.618の「黄金比率」を照準に意図的にデザインされています。

さらには、上下のベタ塗りの色は、実は黒ではなく濃い灰色、つまりチャコール・グレーにしてあります。これは、ベタ塗り部分を真黒にしてしまうと、漆黒の闇の画像では全面が同化してしまい、また夕闇やライトアップの“寄り”などのやや明るい画像の場合、逆にコントラストが強くなり過ぎることを懸念したためです。

白地部分を一切なくし、文字を記入することも犠牲にしてまで作ったカレンダーですが、それだけこだわった自信作でもあります。


■2013年半ば以降に撮影した画像を中心に採用
採用した工場プラントの画像は2014年版の企画以降、すなわち2013年半ば以降に撮られた新作を中心に選択したものです。

時間帯については対象を夜間に限定せず、夕刻から夜明けまでに範囲を拡大すると同時に、全体のバランスを図りつつ遠景~近景を織り交ぜ、選択性に幅を持たせながらデザインしました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング