世界最大のステンレス製魔法びん生産量、販売量を誇るTHERMOSブランド フィリピンに新工場を建設 2015年12月よりステンレス製魔法びん生産を開始

@Press / 2014年11月4日 12時30分

新工場完成予定図
サーモス株式会社(本社:東京都港区、社長:樋田 章司)は、フィリピン共和国(以下 フィリピン)にサーモスグループで中国2工場、マレーシア1工場に続く4つ目となるステンレス製魔法びん生産拠点として、新会社「VACUUMTECH PHILIPPINES INC.(VPI)」を設立し、新工場を建設いたします。


日本や北米、及び一部のアジアの国では、ステンレス製魔法びんは日常生活の中に「マイボトル」として定着しています。サーモスは軽量化・コンパクト化といった技術の進化とともに、割れないステンレス製魔法びんのメリットを活かしたライフスタイルの提案を継続的に行うことで日本市場はもとより、世界の魔法びん市場をリードしてまいりました。その結果、世界各国でガラス製からステンレス製への切り替えが進み、需要が急速に高まっています。世界最大のステンレス製魔法びん生産量、販売量を誇るサーモスは、特に成長著しい中国や欧州、東南アジアの市場の拡大に対応するためには更なる供給能力を整えることが急務となりました。
また、新しいライフスタイルを提案する高機能・高付加価値商材の生産拠点を増やすためにも、フィリピンに新工場を建設することを決定しました。グループ全体で現状3,500万本の生産から中国工場の増産と今回の新工場設立により、年間6,000万本の生産体制に引き上げます。

サーモスは、魔法びんのグローバル企業として、真空断熱技術を活用して、より快適で環境にやさしいライフスタイルの実現に貢献してまいります。


■フィリピン新工場 概要
会社名 :VACUUMTECH PHILIPPINES INC.(VPI)
所在地 :Lot 7, First Philippine Industrial Park II
     - Special Economic Zone, Sta. Anastacia, Sto.
     Tomas, Batangas, Philippines
竣工日 :2014年11月着工開始、2015年9月竣工予定、2015年12月生産開始
敷地面積:約70,000m2(約2.12万坪)
床面積 :約38,500m2(約1.16万坪)
投資額 :3,600万US$(約39億円)
生産能力:1,000万本/年


【新工場完成予定図】
http://www.atpress.ne.jp/releases/53255/img_53255_1.png


【サーモス株式会社について】 http://www.thermos.jp/
世界で初めて魔法びんを製品化して以来、サーモスは優れた断熱技術とユニークな発想で、真空断熱マグ、保温弁当箱など生活を快適にする製品を皆様にご提供しています。魔法びんの高度な真空断熱技術に生活快適発想をプラスしたサーモスのさまざまな製品は、世界120カ国以上で愛されています。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング