次世代自動車エンジン(円弧動エンジン)の共同開発社を募集 動作試験機を埼玉県産業振興公社にて常設展示開始、2014年12月まで募集予定

@Press / 2014年11月13日 10時30分

円弧動エンジン1
システム開発と新技術の研究開発を手掛ける株式会社日本ソフトウェアアプローチ(所在地:埼玉県さいたま市、代表取締役:真下 速美)は、「次世代自動車エンジン(円弧動エンジン)」の開発に伴い、開発連携企業を募ります。共同開発社を募り、新連携アベニュー(中小企業庁の中小企業新事業活動促進法に基づく異分野連携新事業)により世界を驚嘆させるエンジンを開発します。新エンジンは2017年3月に完成予定です。

尚、埼玉県産業労働部産業支援課の協力により「次世代自動車エンジン(円弧動エンジン)」の動作試験機(排気量250ccで重量2kg)を埼玉県産業振興公社の次世代自動車支援センター内に常設展示を始めました。新エンジンに実際に触れ、その動作や軽量さ・コンパクトさを体感いただけます。

▼詳細資料
動作イメージ: http://www.jsain.co.jp/act3d.html
技術資料  : http://www.jsain.co.jp/tech.html

1.はじめに
2.往復円弧運動を回転運動に変換する機構について
3.吸気弁機構と排気弁機構の動作について
4.往復質量について
5.冷却について(シリンダーブロックとシリンダーヘッドの冷却、円弧動ピストンの冷却、ローターの冷却)
6.潤滑について(オイルギャラリー、流体潤滑、飛沫潤滑、ピストンリングとシリンダーヘッドリングの潤滑)
7.気密について
8.4サイクルの行程について(吸気行程、圧縮行程、燃焼行程、排気行程)
9.熱効率について(排気損失、冷却損失、ポンプ損失、機械損失)
10.燃費について
11.経済性について
12.環境について
13.まとめ

▼動作試験機の常設展示詳細
埼玉県産業振興公社・次世代自動車支援センター
所在地: 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ3F
期間 : 2014年10月31日開始
URL  : http://www.saitama-j.or.jp/jidosha/


【次世代自動車エンジン(円弧動エンジン)について】
レシプロエンジンとロータリーエンジンの欠点をなくして利点を増大させたエンジンです。

<特長>
1.驚愕的な軽量・コンパクトさ
排気量が1,080ccで本体重量が13.9kg、往復質量が374gになります。

2.圧倒的なパワー
往復質量の軽減・フリクションの低減・吸気における自然過給効果により、出力244馬力を実現。これは排気量3,000ccクラスのエンジンに相当します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング