多言語対応の組み込みフォント「Embedded DynaFont」をArmadillo向けに提供 2015年3月まで!初期費用1万円期間限定キャンペーン実施 評価版も無償公開

@Press / 2014年11月6日 14時0分

ダイナコムウェア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:羅 慧美、以下 ダイナコムウェア)の多言語対応の組込みフォント「Embedded DynaFont」が、株式会社アットマークテクノ(本社:札幌市中央区、代表取締役:実吉 智裕、以下 アットマークテクノ)が提供するARMプロセッサ搭載組み込みプラットフォーム「Armadillo(アルマジロ)」に対応しました。


画面表示付きの組み込み機器が一般化し、東京五輪決定に伴う大型スポーツイベントなどの開催増加が予想される中、外国人観光客向けの情報案内版など、リッチコンテンツをより精彩な画面で表示・再生する機器への需要が高まると見込まれています。しかし、組み込みLinuxで一般的に使用されているオープンソースフォントでは、多言語対応やデザインの美しさなどの要求を満たせないケースが多いのが現状です。

アットマークテクノとダイナコムウェアは、多言語対応が特長のフォント「Embedded DynaFont」の中からArmadillo-800/400各シリーズのユーザー向けにピックアップした専用のフォントセット「Embedded DynaFont for Armadillo」を2014年12月に発売します。「Embedded DynaFont for Armadillo」には、DF平成ゴシック体、DF平成明朝体、DF丸ゴシック体など、デザイン性が高く一般的によく使われている日本語フォントの他、韓国語対応・中国語(繁体字)対応の各フォントセット計19種類がラインアップされています。いずれもTrueTypeフォントで、日本語フォントセットはJIS第一水準・第二水準に対応しています。量産向けのランタイムライセンスもArmadillo本体にバンドル可能で、少量生産にも対応可能な価格で提供します。
また、各フォントセットの評価版(収容文字種限定)はアットマークテクノが運営するユーザーズサイトで無償提供されるので[※1]、購入前にイメージを確かめることができます。

発売を記念して両社は、2015年3月31日までの期間限定で「Embedded DynaFont for Armadillo」の10万円(税別)の初期費用[※2]を1万円(税別)で提供する「ArmadilloでEmbedded DynaFontを使おう!キャンペーン」を実施します。

なお、ダイナコムウェアは2014年11月19日(水)から21日(金)までパシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2014(組込み総合技術展)」の同社ブース(ブースNo.B-13)で、「Armadillo-440」および「Armadillo-840」にEmbedded DynaFontを搭載したデモンストレーション展示する予定です。

@Press

トピックスRSS

ランキング