『HOME'S』、住まい探しをもっとワクワクさせる3つの先進デモプロダクトを開発!

@Press / 2014年11月6日 13時0分

「Tangible UI Property Search」
総掲載物件数No.1の不動産・住宅情報サイト『HOME'S』を運営する株式会社ネクスト(本社:東京都港区、代表取締役社長:井上高志、東証第一部:2120)は、技術の力で新たな住まい探しの形を探求する、社内の技術研究・開発部門リッテルラボラトリーユニット(以下、リッテルラボ)にて、新たに3つのデモプロダクトを開発しました。これらは、2014年11月23日(日)・24日(月)に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される「Maker Faire Tokyo 2014」に出展し、どなたでも体験して頂けます。

「リッテルラボ」 公式サイト
URL:http://littel-lab.next-group.jp/

■3つのデモプロダクトについて
このたび、リッテルラボが研究・開発した、住まい探しをもっとワクワクさせる3つのデモプロダクトは以下の通りです。

・直感的な住まい探しを実現!「Tangible UI Property Search」
「Tangible UI Property Search」は、PCやスマホの操作が苦手な方でも、誰もが簡単に直感的な操作で住まい探しができるよう、タンジブルデバイスを用いて開発したものです。家賃、間取り、こだわり条件等、住まいの希望条件をカードに代替。専用ボードに置くと、カードの条件を満たした物件をタッチディスプレイの地図上に表示し、詳細情報はiPadで確認します。この視覚的な仕組みにより、カード(検索条件)の組み合わせの変化を楽しみながら、また複数人でコミュニケーションをとりながら物件検索ができ、これまでになかった住まい探しの形を実現しました。

・イメージした住まいをバーチャル体験!「GRID VRICK」
「GRID VRICK」は、ブロックでつくった間取りが3D空間に姿を変え、その空間をリアルに体験できるものです。「LEGO(R)」等のブロックを組み合わせて間取りをつくると、それがディスプレイ上に3Dの部屋として出てきます。部屋だけでなく、机やベッド等、家具に見立てたブロックを配置すると実際の部屋のように家具のイメージまで現れます。  
ブロックは自由自在に変更可能なので、次の住まいはどんな間取りにしようか?どこにどんな家具を置こうか?シミュレーションしながら、住まいの検討ができます。さらにバーチャルリアリティ用ヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」を使うと、実際にその空間に入ったかのような体験をして頂けます。

@Press

トピックスRSS

ランキング