~家事についての主婦の意識調査~働いている既婚女性の4割が普段の家事があまりできていないと実感時短したい家事の1位は「料理」、2位は「部屋掃除」!

@Press / 2014年11月7日 11時0分

今の家事は十分にできていますか(n=1,038、お仕事をしている方n=805、お仕事をしていない方n=233)
フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールド株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:木名瀬博)では、「家事」についてのアンケートを2014年9月17日~9月23日に実施しましたので、その結果を報告します。アンケートの対象は、30代~40代の主婦を中心とする当社サービス登録の既婚女性会員、有効回答者数は1,038名(平均年齢45歳)でした。

【調査結果】
(1)家事について

http://www.atpress.ne.jp/releases/53460/img_53460_1.jpg
今の家事は十分にできていますか(n=1,038、お仕事をしている方n=805、お仕事をしていない方n=233)

http://www.atpress.ne.jp/releases/53460/img_53460_2.png
十分にできていないと思う家事【複数選択】(お仕事をしている方n=805、お仕事をしていない方n=233)

アンケートではまず、現在の家事について十分にできているかを聞いたところ、全体では「十分にできている」が6.4%、「だいたいできている」が54.7%、「あまりできていない」が34.7%、「全然できていない」が4.2%でした。

回答者を現在、何らかのお仕事をされている方と、お仕事をしていない方にわけてみると、お仕事をしている方では「あまりできてない」と「全然できていない」が合わせて42.1%だったのに対し、お仕事をしていない方では27.9%となっており、働く主婦の方々がなかなか家事に時間を割くことができないと感じていることがわかりました。

さらに、家事の中で十分にできていない家事を聞いたところ、お仕事をしている方、していない方のいずれも同じ傾向で、1位は「部屋掃除」でそれぞれ67.1%、51.1%、2位は「風呂掃除」でそれぞれ、44.2%、35.2%、3位は「その他掃除」でそれぞれ42.7%、32.6%となりました。

また、「特にない」以外の全ての項目で、お仕事をしている方のほうが、していない方よりも「十分にできない」と感じていることから、今後そのような女性の家事をサポートするようなサービス・商品へのニーズがますます高まっていくと言えそうです。

(2)家事の時短について

http://www.atpress.ne.jp/releases/53460/img_53460_3.png
「最も」時短したい家事について(お仕事をしている方n=805、お仕事をしていない方n=233)

@Press

トピックスRSS

ランキング