グローバル・サーベイ 「インフラ検査・維持管理展」に出展

@Press / 2014年11月10日 10時15分

インクリメントP株式会社(神奈川県川崎市・代表取締役社長 神宮司 巧)の100%子会社であるグローバル・サーベイ株式会社(埼玉県さいたま市・代表取締役社長 須藤 三十三)は、2014年11月12日(水)~14日(金)に東京ビッグサイトで開催される「インフラ検査・維持管理展」に出展します。「インフラ検査・維持管理展」は、道路・橋梁・トンネルなどのインフラの点検・診断、補修技術に関する機器及びサービスを一堂に展示する総合展示会です。

グローバル・サーベイは、高精度で新しい地図データ作成のための道路調査業務をベースとして、放射線測定調査や道路路面性状調査など、お客様のニーズに応じた各種の応用調査を行っています。本展示会では、年間100万キロの走行調査実績で培った道路環境計測に関する技術・システムの紹介と、それらを用いて取得したパノラマ画像・放射線量・道路段差・正確な位置情報のデータを紹介します。

また、本展示会は、パイオニア株式会社との合同出展となっており、パイオニアは、光と電波の両方の特性を持つテラヘルツ波を利用して、物体内部の透過イメージングを簡単に行える3種類のテラヘルツスキャナーや、物体の成分・材質の判別を行える小型のハイパースペクトルカメラなどを参考展示します。

【 会期 】 2014年11月12日(水)~14日(金)
【 場所 】 東京ビッグサイト
【 HP 】 http://www.jma.or.jp/next/outline/infra/
【 出展ブース 】 西1Fホール/1R-20
【グローバル・サーベイ株式会社HP】 http://global-survey.net/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング