日本豊受自然農 代表 由井寅子が「日本の農業の原点、自然農法に戻すには」をテーマに研究・技術プレゼンテーションで発表 ― アグリビジネス創出フェア2014にて 11月12日(水) ―

@Press / 2014年11月10日 17時0分

富士山臨む農場で代表 由井
 農業生産法人 日本豊受自然農株式会社(本社:静岡県函南町、以下 日本豊受自然農) 代表取締役の由井寅子が、2014年11月12日(水)~14日(金)に東京ビッグサイトで開催されるアグリビジネス創出フェア2014(主催:農林水産省)で、12日(水) 16:30から「日本の農業の原点、自然農法に戻すには」をテーマに、研究・技術プレゼンテーションを行います。

▼プレゼンテーション詳細
http://toyouke.com/news/6535.html


■プレゼンテーション「日本の農業の原点、自然農法に戻すには」について
 プレゼンテーションでは、自然農の取組みの映像を上映し、生きた土や土壌菌にこだわり、大自然に感謝し、農薬、化学肥料を使わない農業、そして自家採種など自然な種にこだわる農業をレポートします。
 そして女子力を活用する自然農の担い手となる人材育成や、自然化粧品や豊受健康常備食の開発・製造・販売、薬草・ハーブの栽培復興事業、豊受オーガニックレストラン事業の展開など、自然型農業から六次産業化に取組む日本豊受自然農の活動を紹介します。

 また3日間を通じて、「環04」環境農業資材協議会ブース内に出展し、自然農のお野菜や加工食品、ハーブティーなどの試飲、試食を行う他、ブースでも遺伝子組み換えや雄性不稔、F1などの不自然な種ではない自家採種、在来種、固定種など日本古来からの種を守り継ぐ、大自然の摂理に従う農薬、化学肥料を使わない日本豊受自然農の取組みを上映する他、実際の六次産業化取組みの産品展示を行います。
 さらに、自然型農業を、ビジネスとして成功させるために欧州では広く行われているハーブやレメディーなどの技術や、発酵や乳酸菌、麹菌、土壌菌など菌の働きを活かした土づくりの実践なども紹介します。


■アグリビジネス創出フェア2014 プレゼンテーション概要
テーマ:日本の農業の原点、自然農法に戻すには
発表者:農業生産法人 日本豊受自然農株式会社 代表取締役 由井寅子
日時 :2014年11月12日(水) 16:30~16:55
会場 :東京ビッグサイト 西4ホール セミナールームA


■自然型農業から食の復興 六次産業化への挑戦
 日本豊受自然農は、下記の項目を重視し、六次産業化へ挑戦していきます。

・自家採種・在来種・固定種など自然な種にこだわる。
・様々な菌たち、虫たち、ハーブやレメディーの力を借りて、人も環境も害さない、農薬、化学肥料を使わない農業技術を確立する。
・食べたものが健康をつくる!子どもやお母さんたち、料理する時間のとれない都会の人たちにも、自然農の安心安全を届ける。
・お肌に使うものだから安全にこだわりたい。農家がつくるヘチマ水やお野菜やハーブ入りなど、石油由来原材料を省いた体に安全なものにこだわる。
・女子力も活用し、若者が農家に就職しても十分なお給料を払える夢のある農業を確立する。
・さらに災害や有事の際にも自存自衛していける国の基となる農業を復興する。
・日本の農業を元氣にする。

 上記を踏まえ、日本豊受自然農では、食品加工、自然化粧品研究開発、製造から、東京へのレストランやアンテナショップ確立など、農場の地元と都会の消費者が手を結ぶ六次産業化の成功モデルづくりに挑戦しています。


【関連イベント】
 2014年12月12日(金)、「豊受オーガニックレストラン」が用賀(世田谷)にオープンします。
 和食の達人 本多勝彦氏を料理長に迎え、農場のある静岡県の海と山の幸とのコラボレーションによるオーガニックで、しかも美味しい日本食提供に挑戦します。
詳細: http://www.homoeopathy.ac/11reserve/1116.php

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

日本食料理長 本多勝彦氏と代表 由井丹那ハーブプロジェクトコシヒカリの収穫

@Press

トピックスRSS

ランキング