元ポルトガル共和国首相、国連難民高等弁務官アントニオ・グテーレス氏に「明治大学名誉博士学位」を授与

@Press / 2014年11月10日 14時0分

アントニオ・グテーレス氏
 明治大学は、国連難民高等弁務官のアントニオ・グテーレス氏に対し、11月13日(木)、駿河台キャンパスにおいて、「明治大学名誉博士学位」を授与します。同日には、学生を対象とした講演会も行います。

 この度の学位授与は、現在、高等弁務官として、世界でも主たる人道機関の一つであるUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)を率いていること、また、ポルトガル首相時代(1995年~2002年)には、東ティモールでの虐殺を阻止するため、国際協力に尽力するなど、人道支援や国際平和へ多大な貢献を果たしたことを評価したものです。
 過去の授与者は、元首相であり本学卒業生である三木武夫氏、元ソヴィエト連邦共和国大統領ミハエル・ゴルバチョフ氏、現マレーシア首相ナジブ・ラザク氏、元フランス保健相シモーヌ・ヴェイユ氏など30人。

 明治大学は2010年、難民を対象とする入学制度を実施するため、UNHCRと協定を締結。「UNHCR難民映画祭」やシンポジウムの共催などを通じ連携を深めています。

【アントニオ・グテーレス氏への名誉博士学位贈呈】
■日時:11月13日(木)12:30~13:00
■会場:明治大学 駿河台キャンパス リバティタワー 岸本辰雄ホール(千代田区神田駿河台1-1)

【講演会「国際強制移動の今日的課題:変化する難民問題と日本に対する期待」】
■日時:11月13日(木)13:00~14:00
■会場:明治大学 駿河台キャンパス リバティタワー リバティーホール
■言語:英語(同時通訳あり)

【アントニオ・グテーレス(Antonio Guterres)氏略歴】
1949年、ポルトガル・リスボン生まれ。
リスボン工科大学卒業。社会主義インターナショナル議長(1992年~1999年)、ポルトガル共和国首相(1995年~2002年)などを歴任。2005年、第10代国連難民高等弁務官に就任。


                 
                 






詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング