メディケア生命保険株式会社調べ 1年間で親孝行に使える金額の平均は約7万4千円、男性は約9万円、女性は約5万8千円

@Press / 2014年11月12日 11時0分

親孝行に1年で使える金額
メディケア生命保険株式会社(http://www.medicarelife.com/)(本社:東京都江東区、取締役社長:高尾延治)は、「家族の絆と老後の生活に関する意識調査」をインターネットリサーチにより、2014年10月21日~10月23日の3日間において実施し、親・配偶者・子どもがいる40~59歳の男女1,000名の有効サンプルを集計いたしました。(調査協力機関:ネットエイジア株式会社)

11月11日は「介護の日」、11月22日は「いい夫婦の日」です。これらの日をきっかけに、親子関係や家族関係について考える人も多いのではないでしょうか。そこで、親孝行や親子の会話の実態、老後の生活に対する意識を探るため、親・配偶者・子どもがいる40~59歳の男女1,000名(全回答者)に、「家族の絆と老後の生活に関する意識調査」を行いました。


◆11月11日「介護の日」の認知率 わずか6%
◆11月22日「いい夫婦の日」の認知率は約9割
◆2015年介護保険改正の認知率は2割

全回答者(1,000名)に、「介護の日」、「いい夫婦の日」を知っていたか聞いたところ、11月11日が「介護の日」であることの認知率は6.4%、11月22日が「いい夫婦の日」であることの認知率は87.2%となりました。
昨年の調査でも「介護の日」の認知率は4.9%であったことから、介護の日の認知があまり進んでいない状況が窺えました。
また、介護の日にちなみ、2015年から介護保険が改正されることを知っていたか聞いたところ、認知率は20.0%と5人に1人の割合となりました。


◆大人になってから親の愛を感じるのは「子育てをしているとき」約4割
◆女性は男性より「自分の味方になってくれたとき」に親の愛を感じる傾向

大人になってから感じる親の愛について聞きました。
全回答者(1,000名)に、大人になってから、どのようなときに、親の愛を感じたか聞いたところ、「自分の子どもが生まれたとき」41.6%が最も多く、「自分が子育てをしているとき」37.4%、「自分の子どもの成長を感じたとき」37.1%、「自分の近況を気にしてくれたとき」33.0%、「相談相手になってもらったとき」28.6%が続きました。自分が親になり、子育てや子どもの成長を通じて、親の愛を感じた人が多いようです。

男女別にみると、多くの項目で男性よりも女性のほうが高くなりましたが、特に、「相談相手になってもらったとき」(男性16.2%、女性41.0%)や「自分の味方になってくれたとき」(男性17.4%、女性36.4%)、「自分の心配事に大丈夫といってくれたとき」(男性12.6%、女性29.2%)、「自分の近況を気にしてくれたとき」(男性24.8%、女性41.2%)では女性のほうが10ポイント以上高くなりました。親とのつながりによって親の愛を感じているのは、男性よりも女性のようです。

@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング