日本メドトロニック 日本初のパーソナルCGM搭載「ミニメド 620Gインスリンポンプ」を発売

@Press / 2014年11月14日 14時0分

日本メドトロニック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 島田隆)は、日本初となる患者さんがリアルタイムで間質液グルコースを視認できるパーソナルCGM(Continuous Glucose Monitoring; 持続グルコース測定)を搭載した「ミニメド620G(ロクニーマル ジー)インスリンポンプ」を、2014年12月22日(月)に発売いたします。インスリンポンプにパーソナルCGM機能を搭載したシステムはSAP(Sensor Augmented Pump; パーソナルCGM機能搭載インスリンポンプ)と呼ばれ、血糖変動を患者さん自らが随時確認できます。SAPは、患者さん自身による更なる適切なインスリン量調整の一助となるため、高血糖および低血糖リスクの低減が期待されます。

「ミニメド620Gインスリンポンプ」は、日本語表示とカラー画面を導入し、少ないボタン操作で使用可能なナビゲーションメニューを搭載しています。患者さん各自の症状にあわせ設定するインスリンの基礎レートおよびボーラス最少注入単位が0.025単位からと細かく調節できるため、多くの患者さんを安全で最適な血糖コントロール実現に導く一助となります。

さらに、CGMトランスミッタ(送信器)と通信することにより、パーソナルCGMとしても使用することができます。毎日のCGMグラフや血糖値の平均値、アラームの発生回数を最大3ヵ月記録することが出来るほか、5分間毎にグルコース濃度を測定することにより、SMBG(Self-Monitoring Blood Glucose;血糖自己測定)やHbA1cでは把握困難なグルコース濃度の推移(変動)をより的確に把握することが可能となります。測定が困難な早朝や夜間の時間帯における大きな血糖変動や自覚症状のない低血糖状態などを見出すことも出来るため、より適切な糖尿病治療の指標となることが期待されています。また、意思表示が難しいため血糖値の状態を把握しにくい小児の患者さんにおいても、保護者の方々がより安心して血糖管理を行うことが期待できます。

公益財団法人 ライフ・エクステンション研究所付属永寿総合病院 糖尿病臨床研究センター センター長 渥美義仁先生は「ミニメド620Gインスリンポンプに日本語や様々な機能が加わったことで、より多くの糖尿病患者さんが安心してインスリンポンプ治療を行うことが期待できます。また低血糖を抑制しながら、よりよいHbA1cを見込むことができるパーソナルCGMは、今までの糖尿病治療のジレンマを解決できる可能性を秘めています。今後のデバイス治療の更なる進化と発展への第一歩となることを期待しています。」と述べています。

@Press

トピックスRSS

ランキング