「上海 プードン データセンター」の提供開始について ~中国本土最高レベルの電力可用率を備えたサービスを低コストで利用可能~

@Press / 2014年11月19日 15時0分

「上海 プードン データセンター」の外観イメージ
 NTTコミュニケーションズ株式会社(略称:NTT Com)は、中国・上海浦東(プードン)開発区において、2014年11月20日より、サーバールーム面積約2,600m2(1,000ラック相当)の「上海 プードン データセンター」の提供を開始します。


1.背景
 中国のデータセンター市場は前年比20%以上の著しい拡大傾向にありますが、高い信頼性を備えた設備や、高度な運用管理ができるデータセンターが不足している状況が続いています。
 NTT Comは、現在上海に2つのデータセンターを展開していますが、お客さまのさらなる要望にお応えするため、新たなデータセンターの提供を開始します。


2.概要・特長
 「上海 プードン データセンター」は、NTT Comが中国本土で提供するデータセンターの中では初めて、設備設計・構築・運用までの全てを自ら実施するデータセンターです。これにより、品質やコストをNTT Comが一元的にマネジメントできるため、お客さまは、グローバルで統一された安定した品質のデータセンターサービスを魅力的な価格でご利用いただけます。NTT Comが持つ豊富な提供実績や技術ノウハウを結集することにより、一層の低コスト化を実現した本データセンターは、中国本土で高度なICT基盤を求める金融機関、製造業、ITサービス事業者などのお客さまにとって最適なデータセンターサービスを提供します。
(別紙)「上海 プードン データセンター」の仕様
http://www.atpress.ne.jp/releases/53787/att_53787_1.pdf

 NTT Comは、本データセンターを中国本土におけるコロケーションサービス主要拠点としてだけではなく、「Bizホスティング Enterprise Cloud」などのクラウドサービスの主要基盤としても活用予定です。今後もNexcenter(*1)ブランドの下、「高品質」、「低コスト」、「柔軟性」を統合した次世代データセンターサービスの需要に応えていきます。

「上海 プードン データセンター」の外観イメージ
http://www.atpress.ne.jp/releases/53787/img_53787_1.jpg


(1) 従来より約2割コストを低減したハイスペック・データセンター
 本データセンターは、万一の停電や設備故障、設備点検時の機能停止に備え、電源・空調・通信ルートなど各種設備の冗長化を図っており、災害時にも安全な設計としています。電力供給の可用率は中国本土のデータセンターでは、最高レベルの99.9999%を実現するほか、1ラックあたり10kVAの高密度電力供給を望まれるお客さまの要望にも対応可能です。さらに、設備や運用コストを上海エリアの他のデータセンターより約2割低減し、トップクラスのコストパフォーマンスを実現しました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング