雹(ひょう)の被害にあった青森りんごの支援活動「雹kissりんご」プロジェクトを開始

@Press / 2014年11月19日 11時0分

「雹kissりんご」プロジェクトロゴ
特定非営利活動法人Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHEN(代表理事:西田 誠治)は、雹害を受けた青森りんごを応援し、既存のネガティブなコミュニケーションを変え、前向きに市場に広く広めていくための「雹kissりんご」プロジェクトを開始いたしました。
「雹kissりんご」プロジェクトは、現在開催準備中の青森県PRイベント(Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHEN vol.15 青森県版、後援:青森県、弘前市、タイ国政府商務参事官事務所、タイ国政府観光庁)にまつわる現地取材の動きの中で、産地の生産者の方との出会いの中で生まれたプロジェクトです。

地域の抱える問題の解決のために、ご協力いただける飲食関連事業者様、応援者の皆様を広く募集しております。


■雹害りんごについて
日本のりんごの最大生産地の青森県、その中心の弘前市。
2014年9月12日に弘前市、平川市、大鰐町で雹(ひょう)が降りました。
http://www.aomori-ringo.or.jp/news/2014/09/001075.php

http://www.atpress.ne.jp/releases/53799/img_53799_2.jpg

*一般社団法人 青森県りんご対策協議会ホームページより抜粋


■プロジェクト開始の背景 ~青森・弘前の若手りんご農家との出会い~
当会は、当会主催の「食の地域活性化×国際文化交流活動」のための食のイベント展開、Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHEN vol.15 青森県版(11月29日、WACCA IKEBUKUROにて開催予定 http://yumyam-aomori.peatix.com )の現地取材で、10月初旬に弘前を訪問しました。

そこで出会ったのが若手りんご農家の成田 晃(あきら)さん、成田 英謙(ひであき)さんのお二人。産地の未来を担う、意欲の高い若手りんご農家です。りんごへの誇り、世界やその先をしっかり見据えた熱い話にワクワクしました。

http://www.atpress.ne.jp/releases/53799/img_53799_3.jpg

そして、成田 英謙さんのりんご畑で見せられたのが、今回の雹害に見舞われた大量の雹害りんご。小さな無数のキズが果皮にアザのように残り、葉も雹の衝撃で無残にも裂けてしまっています。葉が守ってくれた部分もあるといえ、ざっと見渡しても全体の7~8割は何らかの被害を受けているようでした。痛々しいです。

@Press

トピックスRSS

ランキング