画像共有SNS「Instagram」(インスタグラム)を活用した国内初のキャンペーン支援ツールを開発

@Press / 2014年11月17日 8時15分

ソーシャルメディアマーケティング支援事業を手がけるアライドアーキテクツ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中村壮秀、証券コード:6081)は、画像共有SNS「Instagram」を活用したキャンペーン支援ツールを開発いたしました。11月末より、国内外の企業/ブランドに向けてサービスの提供を開始いたします。
InstagramのAPI(※1)を活用しシステム化されたキャンペーン支援ツールが法人向けに提供されるのは、国内で初めてとなります(※2)。

■Instagramとは
2010年に米国で誕生し、2012年から米Facebook社傘下で提供される画像共有SNSおよびモバイルアプリです。写真や動画をアート作品のようにフィルター加工できる機能が20代女性を中心に人気を集め、2014年時点でMAU(※3)は全世界で2億人以上にのぼり、1日に平均約6,000万枚の写真が投稿されています(※4)。

■開発の背景
アライドアーキテクツでは2008年より、ブログ、Facebook、Twitter等のソーシャルメディアを活用した企業の宣伝・販促を支援するサービスを開発・提供し、これまでに3,000社超に導入されています。
近年、Instagramの急成長に伴い、多数の顧客企業よりキャンペーン支援ツールの要望をいただいておりました。しかしその一方で、FacebookやTwitterとは異なり、Instagramでは開発者向けAPIの公開が限定的であることから、支援ツールの開発は難しいものとされてきました。
そんな中で、当社はこれまでの支援実績に基づいたシステム開発力を活かし、企業/ブランドのニーズに対応した独自の支援ツールの開発を進めてまいりました。

■サービス概要
このたびの支援ツールによって、企業/ブランドが、Instagramユーザーを対象としたプロモーションキャンペーンをオンライン上で安価かつ短期間で実施することができます。
これまで手動で行われてきた「Instagram経由でのキャンペーン参加ユーザー」の管理をシステム化したことで、多数の参加者を擁する大規模なキャンペーンや、店舗や外部サイト等と連携した大型キャンペーン等も容易に開催することが可能となります。
また、キャンペーンを通じてユーザーがInstagramに投稿した画像・動画を収集/蓄積し、生活者発信のUGC(※5)として企業サイト等へ容易に書き出すことができるため、Instagramならではのスタイリッシュな画像・動画を活用した多彩なプロモーション施策が実現できます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング