クラウド型統合業務システム「ClearWorks」に「帳票印刷オプション」追加 出力帳票を自由にカスタマイズして印刷可能

@Press / 2014年11月21日 13時0分

帳票印刷オプション イメージ
 クラウド型ビジネス支援サービスを提供する株式会社スマイルワークス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:坂本 恒之)は、会計ソフト/給与計算ソフト/販売管理ソフトのクラウド型統合業務システムサービス「ClearWorks(クリアワークス)」から出力される各種帳票類を、ユーザが自由にカスタマイズして任意の帳票デザインで印刷できる「帳票印刷オプション」サービスをリリースしたことを発表します。

■「ClearWorks」サービスサイト
http://www.clear-works.jp/
■「帳票印刷オプション」の詳細
http://www.clear-works.jp/service/hanbai/tyouhyou-insatsu.html

※「ClearWorks」はクラウド型の統合業務システムで、企業向けに非常に堅牢なセキュリティを確保した上で99.99%の稼働保証(サービス開始から7年以上障害停止0%、セキュリティ事故0件の実績)をしている国内の代表的なB2Bクラウドサービスです。


■「帳票印刷オプション」について
 「帳票印刷オプション」は、JBアドバンスト・テクノロジー株式会社との技術協業により、「ClearWorks」から出力される標準の帳票類(見積書、受注請書、請求書等)を、ユーザが自由に帳票デザインを設計して印刷できるサービスです。本サービスは、帳票を自由自在に設計できる「帳票設計ライセンス」と、設計した帳票デザインに合わせて、帳票を印刷する「印刷実行ライセンス」の2種類から構成されます。

<「帳票印刷オプション」 イメージ>
http://www.atpress.ne.jp/releases/53921/img_53921_1.jpg

【帳票設計ライセンスについて】
 帳票設計ライセンスは、帳票デザインサービスにより自由自在にデザイン・設計した帳票を利用できるライセンスとなります。「ClearWorks」から出力される各csvファイルのデータを利用して、標準の帳票に変更を加えることができます。また、帳票内で指定されたデータの計算やバーコード変換、指定の用紙へのプリントアウト、顧客コード別に異なる帳票を出力させるなど、従来の「ClearWorks」にはない多種多様なニーズにお応えいたします。

●0.1mm単位でオブジェクト(罫線・テキスト等)位置を指定できます。
●帳票をスキャナで取り込み、そのイメージから罫線を抽出して設計データに組み込むことができます。
●データを自動でバーコードに変換できます(JAN、NW-7、CODE39、QRコードなど)。
●「ClearWorks」から出力されるcsvデータを用いて、帳票上で演算処理することができます。
●1ページ目に概要、2ページ目に明細など、異なるフォームの出力も可能です。
●顧客コードや商品コードなどに応じて別デザインの帳票を割り当てることができます。
●顧客独自で利用している用紙に印刷させることができます。

@Press

トピックスRSS

ランキング