250年前のモーツァルト愛用のヴァイオリンがやってくる!第一生命プレゼンツ 国際モーツァルテウム財団展 海老澤敏監修モーツァルト コレクション&コンサート『250年の響き』2014年11月22日(土)~28日(金) 於:第一生命保険日比谷本社1F

@Press / 2014年11月19日 9時30分

バイオリン1
第一生命保険株式会社(社長:渡邉 光一郎)は、「モーツァルト コレクション&コンサート『250年の響き』」を2014年11月22日(土)から2014年11月28日(金)まで開催します。
日本のみならず世界的にもその愛好家が多い天才モーツァルト。その生誕地として有名なオーストリア ザルツブルクから、モーツァルトの原資料収集や学術研究で世界的に知られる国際モーツァルテウム財団のコレクションが、このたび日本にやってきます。
250年前に製作され、モーツァルト自身が愛用したヴァイオリンをはじめ、初来日となる品々も数多く展示されます。あわせて、ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団のコンサートマスターをお迎えし、この貴重なヴァイオリンによるロビーコンサートも同時開催します。
天才モーツァルトの音楽を、観て、聞いて、直接感じていただける1週間。是非お楽しみください。

<概要>
名  称:モーツァルト コレクション&コンサート『250年の響き』
開催場所:第一生命保険日比谷本社 1F
     (東京都千代田区有楽町1-13-1 DNタワー21)
日  時:2014年11月22日(土)~2014年11月28日(金)
     ※コレクション・コンサートともに入場無料
主  催:第一生命保険株式会社 / 国際モーツァルテウム財団
後  援:駐日オーストリア大使館
協  力:ザルツブルク市観光局

<モーツァルトコレクション> 日比谷本社 1F 南ギャラリー
開館時間: 9時30分~19時30分 ※入館は19時まで。
展示品 :モーツァルトがウィーン時代に使用したヴァイオリン(1764年)
     「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」などの自筆譜
     「ヴァイオリン教程」初版   など20点展示

<モーツァルト・プログラムによるロビーコンサート> 日比谷本社1Fエントランス
開演時間:11月22日(土)/23日(日)/24日(月・祝)/25日(火)/28日(金) 18時~
     11月26日(水)/27日(木) 16時~
出  演:フランク・シュタートラー(ヴァイオリン)
     菅野 潤(フォルテピアノ)
※ロビーコンサート前後および26、27日の終演後はヴァイオリンの展示はされません。


<「モーツァルト コレクション&コンサートの見どころ」>
モーツァルトの生地ザルツブルクのモーツァルテウム財団から年来の第一生命との緊密な友好関係の印、そして証(あかし)として、財団が所蔵するモーツァルトの貴重なオリジナル資料が送られて来て、展示や演奏に提供されています。
今回は、そのモーツァルトがヴィーンで愛用したものというヴァイオリン(アントーニョ・ダッラ・コスタ製作、1764年)のほか、自筆譜や初版譜、あるいは肖像画、さらにはモーツァルトを幼い頃からヴァイオリンに親しませてくれた父親レーオポルトの名著『ヴァイオリン教程』(1756年刊)なども展示され、彼の名教師ぶりを偲ばせるとともに、ザルツブルクの名オーケストラ、モーツァルテウム管弦楽団のコンサートマスター、フランク・シュタートラー氏による上述のヴァイオリンを使ったロビーコンサート(ピアノ:菅野潤氏)も催されます。
こうした貴重な資料、楽器、そしてその楽器の演奏を通して、稀代のピアノ奏者であったモーツァルトが、同時にまた弦楽器、それもヴァイオリンの天才的な名手であり、それがこの楽器による数々の名曲の生みの親ともなったことを実感して頂きましょう。(海老澤敏)

@Press

トピックスRSS

ランキング