学部生のための夏期研究プログラム「アムジェン・スカラーズ」を世界有数の17の研究機関で受け入れ

@Press / 2014年11月18日 19時0分

※本リリースは、11月12日に発表されたリリースの抄訳版です。

カリフォルニア州サウザンド・オークス(2014年11月12日)
アムジェン財団は、アムジェン・スカラーズ・プログラムにおいてアメリカとヨーロッパで新たな提携研究機関が加わり、また初めて日本でのプログラムも開始すると発表しました。財団の主要事業であるアムジェン・スカラーズ・プログラムは、学部生に世界有数の研究機関での夏期研究体験を提供し、将来の科学者を育成することを目的としています。アムジェン・スカラーズ・プログラムの次期計画では、アメリカ国立衛生研究所(NIH)、ハーバード大学、チューリッヒ工科大学、パスツール研究所、京都大学、東京大学が受け入れ研究機関として加わります。

アムジェンのロバートA.ブラッドウェイ会長兼CEOは、「アムジェン・スカラーズ・プログラムに、次世代の科学者を育成する重要な役割を果たしている研究機関を加えて、アメリカ、ヨーロッパ、さらにアジアへと広げることができるのを嬉しく思っています。私たちは、新しい遺伝子研究の手法、より高度な医療、進歩した製造工程によるバイオテクノロジーの新時代を迎えつつあります。この新時代には、より多くの人材、専門知識、そして高度な分析能力が必要とされます」と述べています。

今回のプログラム拡大により、2015年から世界の17の研究機関でアムジェン・スカラーズ・プログラムの受け入れが可能となり、若手科学者たちに、幅広い分野における最先端のサイエンス研究に関わり、バイオ医学の理解を深める大きな機会を提供します。

アムジェン財団は、2018年までに1,800万ドルを追加提供して約1,200名の学部生をアムジェン・スカラーズとして受け入れる予定です。これまで同プログラムには5,000万ドル以上を提供し、科学・技術・エンジニアリング・数学の教育に対して全世界で1億ドル以上を提供しています。

アムジェン財団のプレジデントであるエドアルド・セトリンは、「過去8年間にわたり、アムジェン・スカラーズ・プログラムは多大な成果を収めてきました。例えば、修了生たちは博士課程へ進学したり、ローズ奨学金を受けて留学したり、トップの研究機関に就職したりしています。アムジェン財団が世界有数の研究機関とのネットワークを拡張することによって、さらに多くの学部生たちに、科学への興味を深める一生に一度の機会を提供できることを、私どもは誇りに思っています」と語っています。

@Press

トピックスRSS

ランキング