11月26日は「いい風呂の日」!「スクラビングバブル ジャバ」家族とお風呂レポート

@Press / 2014年11月21日 13時0分

図1
風呂釜洗浄剤の「スクラビングバブル ジャバ」を販売するジョンソン株式会社(本社:横浜市西区みなとみらい4-4-5 / 代表取締役社長:鷲津 雅広)は、11月26日の「いい風呂の日」を前に、新しい家族を迎えたご家庭の「家族とお風呂」にまつわるレポートを公開します。

「スクラビングバブル ジャバ」は、1982年の発売以来、風呂釜配管洗浄剤のトップブランドとして、多くのご家庭の清潔で快適なバスタイムをサポートしています。その一環として、小さなお子様を持つママたちに、家族とお風呂にまつわるエピソードについて聞いてみました。

調査対象:沐浴後の0歳から3歳児までのママ402人
調査方法:インターネット調査
調査期間:2014年10月


■沐浴後の子どもにとっての「人生はじめてのお風呂」に一緒に入った家族は誰?
沐浴を卒業した子どもの“人生はじめてのお風呂”は一度きりの大イベントです。そんな記念すべきお風呂に子どもと一緒にはいったのは誰なのでしょうか。
子どもの人生はじめてのお風呂に一緒に入った家族は、ママが53.0%で最多。一方のパパは38.0%、その他が9.0%でした。はじめてのお風呂はママが入れる家庭が多いようです。(図1)

図1: http://www.atpress.ne.jp/releases/54113/img_54113_1.jpg


■子どもをはじめてお風呂に入れる際に気になるのは、お風呂のバイ菌や汚れ。洗い場の床や追いだき配管まで徹底除菌
子どもにとっての人生はじめてのお風呂。せっかくですから、普段以上にキレイなお風呂に入れてあげたいママやパパもいるようです。実際に、38.0%の家庭では、子どものはじめてのお風呂の際に、お風呂の隅々まで徹底的に掃除・除菌をしていました。(図2)

図2: http://www.atpress.ne.jp/releases/54113/img_54113_2.jpg

普段の浴槽掃除だけでなく、洗い場の床や風呂桶・イスといったお風呂グッズ、見えない場所である追いだき配管や排水溝まで徹底的に除菌・掃除して、清潔お風呂で快適なバスタイムを子どもと過ごしたいものですね。


■知らない方がよかった!?パパの4人に1人は、子どもがおしっこした湯船に知らずに浸かっている!
普段、パパの帰りが仕事で遅く、子どものお風呂はママが入れるご家庭もあるかと思います。ママと子どものバスタイムとタイミングが合わないパパは、お風呂の追いだき機能を使い、お湯を温め直して入ることが多いのではないでしょうか。
どうやら、そんなパパにママが内緒にしていることがあるようです。小さな子どもは、お風呂が気持ちいいとつい浴槽の中でおしっこをしてしまうことがありますが、ママのおよそ4人に1人(26.0%)は、子どもがお風呂でおしっこをしたことを告げずに、帰宅したパパをお風呂に入れたことがあると告白しました。(図3)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング