Veeva Systems、2年連続でNucleus ResearchによりCRMリーダーとして評価される ~ライフサイエンス専業CRMプロバイダーでリーダーとして位置付けられたのはVeevaのみ~

@Press / 2014年11月28日 14時0分

 Veeva Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、日本法人代表取締役:岡村 崇)は、Veeva Systems社が、Nucleus Researchの2014 Technology Value Matrix【 http://go.veeva.com/Nucleus (2014年テクノロジーバリューマトリックス)】の顧客関係管理(CRM)分野において、2年連続でリーダーに認定されたことを発表致しました。

 Veevaは、業界クラウド企業およびライフサイエンス企業としてリーダークアドラントに位置付けられた唯一の企業であり、一流のCRMプロバイダーであることを示しています。(本リリースは、11月13日にVeeva米国本社が発表した報道資料の抄訳です)

 Nucleus Researchは、評価対象の企業が実現したイノベーションの実績において、特にセールス、マーケティング、顧客サービス分野のシステム機能とユーザビリティに関して調査しました。今回、Veevaが一流のクラウドプロバイダーとしてリーダーの地位に位置付けられた要因として、2014年に当社がリリースしたVeeva Commercial Cloudを挙げています。Veeva Commercial Cloudは、ライフサイエンス企業に必要なデータ、コンテンツ、インタラクションを集約することで、規制に十分に準拠しながら効率的なマルチチャネルを実現します。Nucleus Researchは、Veeva Commercial Cloudが新しいソリューションを加えて拡大するに伴い、Veevaがリーダーシップマトリックスにおける地位をより強固にすると予想しています。

 Veeva製品統括部門バイスプレジデントであるPaul Shawahは次のように述べています。「グローバルなライフサイエンス業界にとって、私たちは信頼できるパートナーとして、お客様のビジネス戦略をより効果的に実現していただけるよう、クラウドベースのソリューションの開発に日々邁進しています。私たちが2年連続でCRM業界のリーダーとして認められたことを大変誇りに思い、さらに今回の評価は、ライフサイエンス企業に於ける医薬品発売までの期間短縮、収益の最大化に寄与し、規制遵守を支援する業界向けクラウドソリューションの継続的な提供に、当社が献身的に取り組み続けていることを証明するものです。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング