「食」「食文化」を通じて健康長寿を実現するビジョンを発信する 農林水産省主催「和食・食機能・京文化が切り拓く健康長寿産業シンポジウム」彬子女王殿下の御講演や、研究者らの学術発表を約200名が聴講

@Press / 2014年11月26日 16時0分

パネルディスカッション
農林水産省は、2014年11月17日(月)、京都国立博物館 平成知新館 講堂にて、「和食・食機能・京文化が切り拓く健康長寿産業シンポジウム ~超高齢社会を迎え、古都京都から食や文化を通じて健康長寿を考える~」を開催いたしました。専門家のみならず一般消費者からも広く参加があり、約200名が一堂に集まりました。

日本は世界有数の長寿国であり、日本の食事はヘルシーであるというイメージが定着している一方で、科学的に裏付けされたエビデンスが少ないことも事実です。農林水産省としては、食と健康長寿の関係について科学的エビデンスの集積が急務と考え、栄養機能の高い農産物の開発やそのエビデンス取得などの取組を行っています。本シンポジウムは「食」さらには「食生活を含めた文化」を通じて健康長寿を実現するビジョンを発信すること目的に開催しました。


【主催者代表挨拶】
はじめに主催者を代表し、慶應義塾大学医学部長で、健康長寿延伸のための食育イニシアチブ協議会(※1)議長の末松 誠氏と、農林水産省大臣官房審議官 研究・連携担当の長谷部 正道氏より挨拶がありました。
末松氏は「慶応義塾大学医学部では、超高齢者の中でも百寿者に着目した30年間にわたる疫学研究や、長寿にかかわる遺伝の相違の問題を最先端の解析技術を用いて解明していく活動を行ってきた。本シンポジウムではぜひ活発な討論を期待する」、長谷部氏は「日本は世界に先駆けて高齢化社会に突入し、男女とも世界で最も長い平均寿命となっている。一方、介護を必要としない健康寿命と平均寿命の間には8~10歳のかい離が存在する。私たちは高齢者の皆様に少しでも長く健康に暮らしていただくことを目指し、和食をはじめとした適切な食事が果たす役割は大きいものと考える。本シンポジウムが、食が健康に果たす重要な役割を思い起こすきっかけとなり、和食文化の発祥地の京都が健康長寿産業の発展拠点となることを願う」と述べました。

▼末松 誠氏
http://www.atpress.ne.jp/releases/54231/img_54231_2.jpg
▼長谷部 正道氏
http://www.atpress.ne.jp/releases/54231/img_54231_3.jpg


【来賓代表挨拶】
続いて来賓を代表し、京都府知事代理・京都府農林水産部長の小田 一彦氏が「京都では料理人や、和菓子・漬物・お豆腐などの職人、京野菜などの生産者、さらに外食産業の努力により安心で安全な世界に誇れる和食が守られている。京都が世界有数の観光都市として和食のすばらしさを国内はもとより世界各地に発信していく最適の地であると確信し、和食文化の継承・発展になおいっそう尽力していきたい。本シンポジウムが食を通じて皆さんの健康長寿や幸せな社会に結びつくきっかけとなることを願う」と知事からのメッセージを代読しました。

@Press

トピックスRSS

ランキング