マス、オンライン、SNS、店頭販促等、あらゆるマーケティング施策の価値を売上や利益、獲得客数に換算するASP型アカウンタビリティ分析パッケージ「サードマン」提供開始

@Press / 2014年11月27日 11時0分

サードマンご紹介ページ
 マーケティングサイエンスを専門とするシンクタンクの株式会社コレクシア(本社:東京都新宿区、代表取締役:村山 幹朗)は、キャンペーンや営業・販促活動、広告等、オンラインオフラインを問わず、あらゆるマーケティング施策の価値を、金額(売上や利益)や人数(獲得客数、離反防止数)として算出できるASP型のマーケティングアカウンタビリティ分析パッケージ「サードマン」を、2014年11月27日より公開致しました。
 近年、企業活動に説明責任が求められる中で、マーケティングの価値および費用対効果を正しく把握し、アカウンタビリティを実現していくための支援を行います。

サイトURL: http://roi-plus.com/thirdman/


■マーケティング施策の価値を、金額や人数をはじめとする様々な指標で算出
 サードマンの分析サービスでは、読み込んだデータから以下の分析をASP上で実行し、各種分析結果をインフォグラフィクスで出力し、自然言語で結果についての解説を行います。

・【広告の価値】各広告施策に由来する売上額や利益額、獲得客数の推定。
・【広告効果】広告施策のリーチ人数、直接効果・間接効果の金額/人数換算、広告による顧客の離反防止効果を推定、施策や広告媒体を用いなかった場合の機会損失額算出。
・【費用対効果】費用対効果(ROI(※1))、ROAS(※2)、CPA(※3)など様々な効果指標を出力。
・【媒体の組み合わせ】媒体の強み・弱み、クロスメディアの相乗効果や相性(どの媒体同士を組み合わせると効果が何倍になるか)。
・【行動プロセスへの効果】施策が「関心」や「ファン化」等の行動プロセスに及んだ効果を分析し、CPE(※4)などを算出する事が可能。


■あらゆるデータソース、あらゆるマーケティング施策について分析が可能
 サードマンで必要なデータは、“施策との接触”、“購買の有無”の2つです。データ形式は1/0のバイナリ形式なので、ビッグデータ、シングルソースデータ、購買データ、POSデータ、ECサイトのログデータ、ネットアンケート等、どんなデータソースでもご利用頂けます。また、マス広告、オンライン、SNS、店頭、販促、営業活動など、企業が行う全てのマーケティング施策について分析が可能です。また、継続利用してデータを蓄積する事で、ROIが最大になる出稿量や配分などの推定も可能となります。


■1回ずつの実施プランから、月額定額・無制限利用まで、幅広いご契約プランを用意
 サードマンを一定期間のみご利用頂くユーザー様は、分析を行うプロジェクト単位で都度ご契約いただく「ユーザー会員」登録により、スポットでサードマンを利用いただく事が可能です。また、サードマンを定期的にご利用頂くユーザー様は、月額定額で分析をご利用いただける「レギュラー会員」登録を行うことで、月々定額でいつでも分析を行うことができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング