工務店対象の建築写真出張撮影サービス「家撮り部」 レタッチ込みの撮影プラン「撮って加工コース」14,800円を追加

@Press / 2014年11月27日 15時30分

「家撮り部」ロゴ
株式会社SuMiKa(港区高輪、タマホーム株式会社と面白法人カヤックが2013年6月共同設立)が運営する、工務店対象の建築写真出張撮影サービス「家撮り部(いえどりぶ)」では、レタッチ込みの撮影プラン「撮って加工コース」を11月17日に開始しました。

URL: https://iedoribu.com/information/


「家撮り部」は、建築や写真を学ぶ学生が建築写真を撮影し提供するサービスです。プロカメラマンによる撮影が手頃な価格ではないために、建築施工例の多くが撮影されていない現状を鑑みて、2014年7月31日よりスタートしました。当初は撮影のみで5,000円(税抜)の「撮ったまんまコース」だけの展開でしたが、このたび色彩補正などレタッチ込みで14,800円(税抜)の「撮って加工コース」を追加します。レタッチを行うことで細部まで表現し、建物の魅力や工務店の技術をより効果的に伝えます。

「家撮り部」では、「自社の建築事例をうまく撮影したいが、方法がわからない」「プロのカメラマンに頼むと費用が高額になる」という工務店の悩みを解消し、高品質な建築写真で発信力を強め、ビジネスチャンスを増やします。一方、「家撮り部」として派遣される学生には、建築物を撮影する機会を提供することで、カメラマンとしてのステップアップの手助けをします。学生はバンタンデザイン研究所など、東京から福岡まで各地の協力校に在籍しています。今後も協力校を増やしながら、サービス対象地域を全国へ広げていきます。

株式会社SuMiKaは、工務店や建築家などの専門家と生活者をつなぎ、理想の暮らしを叶える住宅の新築・改築・リノベーションをサポートするマッチング型ウェブサービス「SuMiKa」を提供しています。「家撮り部」でも、高い技術をもっている工務店の強みを、建築写真を通して効果的に伝えることで、工務店と専門家を探している生活者を結び、自分らしい暮らしを実現させるサービスを展開してまいります。


■「撮って加工コース」サービスの流れ
(1) 申し込み
工務店が電話またはウェブサイトより申し込み。

(2) 撮影者決定
「家撮り部」事務局が工務店のリクエストにあった学生を募集し、適当な学生を撮影者として決定。

(3) 撮影
工務店の立ち会いのもと、学生が2~3時間で写真を撮影。

(4) 加工
2~3週間で写真をレタッチ。

(5) 納品
撮影した写真を事務局で審査後、納品。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング