Veeva Systems社、2014年の最も革新的なテクノロジー企業として表彰されるなど、さまざまな栄誉に輝く

@Press / 2014年11月28日 11時0分

Veeva Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、日本法人代表取締役:岡村 崇、以下 Veeva)は、ライフサイエンス向けの業界クラウドソリューションの大手プロバイダーであるVeeva Systems社が、業界においてさまざまな栄誉ある賞を受賞したことを発表致しました。

この受賞により、同社はクラウドテクノロジーの分野で、最も成長率の高い、革新的なリーダー企業の1つとして認められました。Veeva Systems社は、デロイトの「2014年度テクノロジー Fast 500」で最も成長率の高いソフトウェア企業の1社に挙げられました。また、「2014年全米ビジネス大賞(2014 American Business Awards)」では、「今年最も革新的なテクノロジー企業(Most Innovative Tech Company of the Year)」としての評価を受け、Network Products Guideの「2014年の注目企業のランキング(2014 Ranking of Hot Companies)」では金賞に輝いています。さらに、同社のVeeva Commercial Cloudは、PM360誌にて「最も革新的な新製品(Most Innovative New Product)」に選定されました。(本リリースは、11月13日にVeeva米国本社が発表した報道資料の抄訳です)
Veevaは、ライフサイエンス企業がビジネス戦略を効率的に達成できるよう、業界向けに設計したクラウドベースのソフトウェアソリューションを提供しています。このソリューションによってライフサイエンス企業は、医薬品発売までの期間短縮とプロセスの効率化、収益の最大化、政府規制の継続的な遵守を実現できます。


Veevaの社長および共同設立者であるMatt Wallachは次のように述べています。「私たちは、業界向けクラウドの先駆者として、ならびにお客様に変革を促すテクノロジーの提供者として評価されたことに誇りを持っています。ライフサイエンス業界向けのクラウドベースのソフトウェアの分野でグローバルにリーダーシップを発揮し続けていく中で、すべてのお客様に成功をもたらすという私たちのコミットメントは今後も揺らぐことはありません。」

バイエル、メルク、ノバルティス、ファイザーなどのライフサイエンス企業は、商用から臨床に至るまで、最も重要な領域でVeevaのクラウドベースのテクノロジーを利用しています。規制対象コンテンツ管理プラットフォームおよびアプリケーションスイートであるVeeva Vaultは、ライフサイエンス組織の重点領域を網羅する情報源となり、品質、効率性、コンプライアンスの向上を実現します。Veeva Commercial CloudはVeeva Vault、Veeva CRM、およびVeeva Networkを統合することで、顧客へのエンゲージメントを変革し、組織はあらゆるコミュニケーションチャネルにわたって完全なオーケストレーションとパーソナライゼーションを行い、規制に十分に対応した形で今まで以上に『顧客を知り、顧客ごとに最適なメッセージを伝える』仕組みを確立できます。

@Press

トピックスRSS

ランキング