3Dプリンターから生み出されたファッションなどテクノロジーとアート表現を融合した3作品を出展

@Press / 2014年11月28日 18時15分

エキシビション1|Hydroid x 3D printing (iJet) x Fashion
 ビジュアル・コミュニケーション事業を展開する株式会社アマナ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:進藤博信)は、2014年11月29日(土)~30日(日)、六本木ヒルズ展望台にて開催される「BERLIN x TOKYO | デザイン・アート・カルチャー展」において、当社グループの表現力と最新テクノロジーを集結した3つの作品を展示します。

 ベルリン東京姉妹都市20周年を祝して開催される本イベントは、「RESONANZ (レゾナンツ)」※1というキーワードのもと、2つの都市を舞台に創造性が共鳴する2日間のスペシャルイベントとなっています。今回アマナグループは、東京から発信するにふさわしい当社クリエイターの高度な表現力と最新テクノロジーを組み合わせた下記エキシビションを用意しました。ビジュアル・コミュニケーションにおける研究、テクノロジー開発を重ねる当社だからこそできた見ごたえのある内容となっています。
※1 RESONANZ (レゾナンツ)。Resonanceのドイツ語。1. 恒久的な影響をもたらすイメージ、記憶、感情を引き起こす力。2. 振動体が、その固有振動数に等しい外部振動の刺激を受けると、振幅が増大する現象。3. 他人の考えや行動に同感すること。


エキシビション1|Hydroid x 3D printing (iJet) x Fashion
 3Dプリンターが高性能化・パーソナライズされ時間と距離を超えて物理的存在を共有出来る時代。モジュール化されたパーツから柔らかい布のような表現を、さらに新しい組み合わせで変容していきます。新たなファッション、ファブリケーションの可能性を体感できます。
※ファブリケーションの着装エキシビションは15時~21時となります

エキシビション2|Machine with Cameras
 あらゆるものが自動化される現代社会を象徴したオブジェクト“ロボットアーム”。インタラクティブに動くその腕に“2種類の目(=カメラ)”を装備すると、私たちにかつてない視点とビジュアル体験をもたらしてくれます。温度と空間を捉える目、人の位置を捉える目。人間とは異なる視覚能力で、その腕はビジュアルイノベーションを起こします。

エキシビション3|amana×ARART
 写真と鑑賞者の関係性は、テクノロジーの発展に恩恵を受け、いま、新たな局面を迎えています。本作のテーマは「写真と鑑賞者との間にある距離」。 物理的な距離、時間的な距離、観念的な距離、そして、心が動くまでの距離。写真が持つ本来的な制約を越えたこれからのビジュアル・コミュニケーションのひとつの可能性を示唆する体験を実現しました。

@Press

トピックスRSS

ランキング