アルミ線と銅端子を高信頼性溶接 超音波金属溶接機『SW-3500-20/SH-H3K7』12月3日に発売

@Press / 2014年12月3日 10時30分

新製品 画像
 日本アビオニクス株式会社(本社:東京都品川区、社長:秋津 勝彦)はエコカーの需要増加に伴い軽量化・エレクトロニクス化が加速する自動車向けのハーネス、二次電池、モータなどの製造において、銅やアルミ等の金属材料を超音波振動により溶接する【超音波金属溶接機 SW-3500-20/SH-H3K7】を12月3日より発売いたします。

http://www.atpress.ne.jp/releases/54485/img_54485_1.jpg

 当社は、世界で唯一(*)「抵抗溶接」、「レーザ溶接」、「パルスヒートはんだ付け」、「超音波溶接」の4種類の接合工法の製品をラインアップしている精密接合装置の総合メーカです。溶接形状、サイズ、強度、外観などのご要望に最適な接合工法の提案や、複数の接合工法を組み合わせた複合接合の提案を行うなど、ニーズに合わせた最適な接合ソリューションを提供しています。

 近年、地球規模の環境とエネルギー問題を背景に蓄電、配電技術の重要性が高まっています。特に自動車では電動化促進により蓄電部品(電池、キャパシタ)及び配電部品(ハーネス、バスバー)の主要材料であるアルミ・銅の溶接技術が重要となっています。さらに、軽量化による燃費向上と材料費低減の目的でハーネス材料が従来の銅からアルミへの置換えが図られており、アルミ線と銅端子の溶接が増加しています。

 本超音波金属溶接機は、スプリングを使用した加圧を一定に保つ追従方式により大きな変形を伴うアルミ線溶接において、ツールとワークの滑りを低減し、安定した溶接を可能にします。

 当社はアルミ、銅の溶接において抵抗溶接機、レーザ溶接機に加え、超音波金属溶接機の製品化により接合ソリューション力を強化し最適接合を追求します。

* 2014年11月現在、当社調べ


<新製品による溶接アプリケーションとメリット>
■アルミのワイヤハーネス
・アルミ線×銅端子
http://www.atpress.ne.jp/releases/54485/img_54485_2.jpg

【メリット】
銅線からアルミ線への置換えが可能

軽量化
・銅線の2分の1の重量(同じ電気容量で比較)
・燃費向上

コストダウン
・銅線よりも安価

■銅のワイヤハーネス
・銅線×銅端子
http://www.atpress.ne.jp/releases/54485/img_54485_3.jpg

■バスバー
・アルミバスバー×銅バスバー
http://www.atpress.ne.jp/releases/54485/img_54485_4.jpg

@Press

トピックスRSS

ランキング