iBeacon採用!店舗近くの顧客を呼び込む販促ツール「Beaconch(ビーコンチ)」のサービス開始

@Press / 2014年12月4日 10時30分

Beaconch画面
株式会社アイ・ティ・ネット(所在地:神奈川県横浜市、代表取締役:小野 良勝)は、新しい情報・広告配信ツールとしてiBeaconを採用した「Beaconch(ビーコンチ)」サービスを開始いたしました。

リアル広告プラットフォーム「Beaconch(ビーコンチ)」
http://beaconch.com/


◆リアル広告プラットフォーム「Beaconch(ビーコンチ)」サービス開始の背景
スマートフォン市場は、2015年、出荷台数が約10億台にものぼると予測されており、世界的にもこれから、まだまだ伸び続ける市場と考えております。
この急成長する分野での、広告市場は3,000億(インターネット広告全体では、9,500億)で、ユーザーは24時間、いつでもどこでも情報を受け取ることができ、情報収集することがとても容易になりました。その反面、受信する約95%の情報は無駄になっています。
情報を発信する側の企業側も「○○人の反応が欲しいから、逆算して○万枚の広告を投下しよう」という考え方で、情報を受け取る消費者側のことを一切考えずに発信している傾向から、ほとんどの広告が消費者に見られていない状況にあります。10,000人にチラシを投下して1~5人に反応するのであれば、初めから反応することが分かっている1~5人に告知をすれば、情報を発信する企業側も、情報を受け取る消費者側にも、時間とコストを削減できるメリットがあると考えました。


◆Beaconch(ビーコンチ)
「Beaconch」とは、消費者の行動解析と消費者の属性などから興味関心を持ちそうな広告を表示することが可能な「リアル広告プラットフォーム」です。
情報を受信する側(消費者)の属性、ニーズを理解し、Webサイトでは当たり前に行われている「インタレストマッチ」と「アクセス解析」をリアルの場で提供することで、広告の在り方を変え、新たな広告のプラットフォームを提供するものです。

このサービスをショッピングモールや展示会場などの商業施設、商店街や観光地を中心に、時には自治体などと協力して市場を開拓し、「リアル広告プラットフォーム」のさきがけとなるサービスです。


◆Beaconchで、どのようなことができるか
主に、ユーザーに対して「スマートフォン(iBeacon対応アプリ(以下、専用アプリ)がインストールされた状態)」「デジタルサイネージ」を用いて商品情報・広告情報・クーポンなどのサービスを提供、配信します。
他のiBeaconサービスと異なる部分は以下となります。

@Press

トピックスRSS

ランキング