世田谷区・駒沢に新ブーランジェリーがグランドオープン 人気スイーツショップ『irina(イリナ)』が仕掛ける“幸せの家”

@Press / 2014年12月4日 12時30分

宣伝画像1
カラフルで小さなロールケーキを積みあげてつくる、ロールタワーで人気のスイーツブランド『irina(イリナ)』を運営するイリナ・エンターテインメント株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役:宇佐美 慎太郎)は、新業態となるブーランジェリー『ボンヌール・メゾン(BONHEUR MAISON)』を世田谷区・駒沢に2014年11月29日(土)にオープンしました。

ボンヌール・メゾンとはフランス語直訳で、幸せの家。
「Sweets Make You Happy !!!」をコンセプトに贈り物としてのスイーツを提供してきた『irina』が、もっとお客様の日常に寄り添いたいという想いを込めてオープンしたのがこの『ボンヌール・メゾン(=幸せの家)』というパン屋さんです。

ブーランジェリー『ボンヌール・メゾン(BONHEUR MAISON)』
http://www.bonheur-maison.com/


■フランスパンへのこだわり
フランス・パリで修業を積んだシェフを迎え、フランスのブーランジェリーの7割は使用しているというボンガード社のオーブンを使用。
歴史ある石窯の良さを生かした蓄熱性のよいオーブンで焼く、本格的なフランスパンをよりリーズナブルな価格でご提供。毎朝焼き立てのパンやペイストリーを準備しお客様をお迎えします。
麦の香りを残し、高温でパリッと焼き上げるバゲットは内皮はしっとり、気泡があらく甘みがあり、絶品です。

■予約販売必須の「食パン」
プレオープン中から既にリピーター続出のボンヌール・メゾンの食パン。
口どけがよく、ほんのり甘い味わいは一度食べたら毎朝の食卓に欠かせなくなること間違いなし!
フランス産とカナダ産の2種類の粉をブレンドすることで、シェフをはじめ、スタッフも絶賛するほどのキメ細かい弾力のある生地に仕上げました。

■ゆっくり、時間をかけてつくる“フランスサイズ”のクロワッサン
ボンヌール・メゾンのクロワッサンは一晩ゆっくり生地を寝かせ、翌日はフレッシュバターとパン生地を重ねて繰り返し折りたたみ、成型してまた一晩休ませます。生地を仕込んで3日目にフランス製オーブンで焼き上げます。
ちょっと甘めで大ぶりなフランスサイズのクロワッサンです。


【店舗情報】
ボンヌール・メゾン駒沢本店
オープン日: 2014年11月29日(土)
所在地  : 東京都世田谷区上馬1-4-9
営業時間 : 9:00~20:00
定休日  : 月曜日 ※祝日の場合は翌日休み
URL    : http://www.bonheur-maison.com/


【会社概要】
商号  : イリナ・エンターテインメント株式会社
代表者 : 代表取締役 宇佐美 慎太郎
所在地 : 〒143-0016 東京都大田区大森北3-37-3
設立  : 2013年3月14日
事業内容: 製菓製造及び販売事業、店舗企画運営事業、
      OEMスイーツの企画開発並びに生産、フードデザイン海外進出事業、
      前各号に付帯する一切の事業
資本金 : 5,000,000円
URL   : http://www.irina-onlineshop.jp/
      http://www.irina-sweetsdelivery.com/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

ボンヌールメゾンロゴ“フランスサイズ”のクロワッサンこだわりのフランスパン

@Press

トピックスRSS

ランキング