ゴルフ用品のNEWブランド『JADO(ジャド)』を新発売! ~ JADO=邪道 それはゴルフスタイルの変化 ~

@Press / 2014年12月8日 11時0分

JADO CB各カラー(HC込)
ゴルフ用品・スポーツ用品を扱う株式会社ビガーエス(所在地:福岡県太宰府市、代表取締役:古賀 勢朗)は、ゴルフ用品としては“邪道”なアメリカンタトゥー風デザインをモチーフとした新ブランド『JADO(ジャド)』を2014年10月24日に始動。百貨店、ゴルフ専門店、中古ゴルフ店、インターネット販売店などのゴルフ店舗にて販売を開始しました。
製品種類は、キャディーバッグ・ヘッドカバーを展開。今までにない邪道で型にはまらない、決して媚びないゴルフデザインを提案します。

URL: http://jadogolf.com


【『JADO(ジャド)』について】
<開発の背景>
ゴルフスタイルは変化し、最近ではどにでもあるブランドではなくオンリーワン的なブランドが人気を上昇させてきています。この度 生まれた新ブランド『JADO(ジャド)』は、そんなゴルフ用品の卸業をしている当社だからこそ店舗様・お客様から吸い上げることを可能とした声を参考に、時代にマッチするよう追及して生まれました。
2013年10月18日 商標登録済 登録番号:第5623487号


<製品の特長>
1.人と違うゴルフバッグを ゴルフの常識を覆す“邪道”なデザイン
ゴルファーにとって用品(人目に付くモノ)は「他のゴルファーと一緒のモノは持ちたくない」、「目立ちたい」、「高級感があるものがいい」など様々な意見があります。近年、ゴルフウェア業界では生き物をブランドロゴとするケースが多く見受けられる一方で、『JADO(ジャド)』はゴルフの場ではこれまで邪道とされてきたタトゥー・刺青をブランドロゴやデザインに採用。ハイグレードで「邪道で派手なデザイン・独特感・高級感」で、ゴルフスタイルを更に変化させます。

2.エナメルなのに軽量!男女ゴルファー両方が使えるユニセックス仕様
通常エナメルバッグは、5キロ以上と重く、デザインが女性も使用できるバッグであってもその重量がネックとなる商品が多数あります。その点『JADO(ジャド)』は、エナメル加工でありながら重量を約4.8kgと抑えることで、ユニセックスでメンズ・レディースのゴルファーに使用してもらえるデザイン・設計になっています。ショルダーベルトも3点式となっており持ち易さは抜群。

3.毎シリーズ5カラー“数量限定販売”!プレミアム生産を予定
他社ブランドは同時期に複数シリーズを企画して発売するのに対して、『JADO(ジャド)』は年に1回もしくは2回の企画で1アイテムずつに絞って限定販売を今後計画しています。
今回は、ヘッドカバーもキャディーバッグとセットにできるように、ドライバー用、フェアウェイウッド用、ユーティリティ用、アイアンカバーの5機種も同時発売。キャディーバッグは、ホワイトピンクは限定30本、その他カラーは限定100本にて販売します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング