天然由来成分100%!月桃&生姜のパワーで日本人女性の“冷え”を温める 『月桃&ジンジャー ウォーミングボディオイル』2015年1月8日(木)新発売!~老舗薬舗の浴用剤がセットになった“ぽかぽか限定キット”も同時発売~

@Press / 2014年12月9日 9時30分

『月桃&ジンジャー ウォーミングボディオイル』イメージ1
沖縄の生命力の高いハーブに着目した、国産オーガニックコスメ『琉白(るはく)』を販売する株式会社ネットランドジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:杉田 真浩、以下 ネットランドジャパン)は、冷えに悩む日本人女性のために、2種類のショウガ精油を配合した天然由来成分100%のマッサージ用ボディオイル『月桃&ジンジャー ウォーミングボディオイル』(現在エコサート認証申請中)を、2015年1月8日(木)に販売開始いたします。

『月桃&ジンジャー ウォーミングボディオイル』
※2014年12月12日(金)より予約注文受付
http://ruhaku.jp/item/65.html


【開発背景】
冬の時期、スキンケアでお客様が一番悩むことは「肌の乾燥」です。湿度の低下に加え、気温の低下による血行不良が肌の乾燥を引き起こします。日本人女性の多くは一年中冷えに悩んでいるといわれます。せっかく品質にこだわったオーガニック化粧品で丁寧にスキンケアをして頂いても、からだが冷えていてはお顔はくすみ、美容成分の効果を充分に発揮することはできません。
そこでからだの血行を促進し温めることが、肌の乾燥予防かつ美しい素肌づくりに重要と考え、からだを穏やかに温めてくれる「月桃と生姜」の力を利用したマッサージ用ボディオイルを企画いたしました。

「厄払いの葉」として沖縄で伝統的に活用されてきた「月桃」と体を温める生姜のパワーがつまった『月桃&ジンジャー ウォーミングボディオイル』で、1日の疲れを追い払い、自然のやさしさに包まれる「自愛」のひと時をお過ごしください。


【『月桃&ジンジャー ウォーミングボディオイル』特長】
(1) 月桃&生姜。2種のショウガ精油でじんわり。
2種類のショウガ科植物「月桃(※1)」と「生姜(※2)」の精油をブレンドしベースオイルに配合。さらに温めサポート成分として、スパイスで有名な「丁子(※3)(クローブ)」精油を配合。マッサージすることでこわばったからだをじんわり温め、巡りを促します。
(※1)ゲットウ葉油 / (※2)ショウガ根油 / (※3)チョウジつぼみ油

~沖縄ハーブ「月桃(ゲットウ)」とは?~
月桃は台湾から東南アジアの亜熱帯地域に群生するショウガ科植物。沖縄では、古くから「防腐効果のある葉」「厄払いの葉」として神仏に供える伝統餅を包む葉として使用されてきました。
ショウガ科の植物のため、体が温まり、ほっと一息つける嬉しいお茶としても人気。またポリフェノールを豊富に含むため「美容健康」にうれしい和ハーブとして近年注目を浴びています。

@Press

トピックスRSS

ランキング