車両のカラーデザインコンテスト「オートカラーアウォード2015」 グランプリ授賞デザイン決定!

@Press / 2014年12月15日 11時30分

スズキ株式会社「ハスラー」 1
一般社団法人 日本流行色協会(JAFCA、所在地:東京都千代田区、理事長:花本 博志)では、優れた車両のカラーデザインを顕彰する制度「オートカラーアウォード」を年に1回実施しておりますが、この度12月12日にMEGA WEB(東京江東区)にて「オートカラーアウォード2015」の審査会が行われ、17のノミネートの中から栄えあるグランプリが決定いたしましたので、お知らせいたします。


■グランプリ授賞カラーデザイン
スズキ株式会社「ハスラー」
【3つのカラー】
・エクステリア:パッションオレンジ(ソリッド)×ホワイト2トーンルーフ/
 インテリア :パッションオレンジ×ダークグレー
・エクステリア:サマーブルーメタリック×ホワイト2トーンルーフ/
 インテリア :ピュアホワイト×ダークグレー
・エクステリア:キャンディピンクメタリック×ホワイト2トーンルーフ/
 インテリア :ピュアホワイト×ダークグレー

担当デザイナー/江口 奈津美(えぐち なつみ)氏

【メーカーのアピールポイント】
コンセプトは、「ワクワク、ドキドキさせるアクティブカラー!」
一緒に出掛けたくなる!いつも行かないところに今日はこの子と行ってみよう!そんな気持ちを色と素材と質感で盛り上げた、カラーデザイナー渾身の1台です。
「遊べる軽」の名にふさわしいワクワクする色は一瞬にして心を奪い、美しい発色をもった植物由来原料の新素材は環境にも優しく、ドキドキして思わず触れたくなる質感は、こだわり派のお客様にもご満足いただいています。
なんと言っても1番のポイントは、エクステリア&インテリアのトータルコーディネートです。この車でなければ実現しなかった、ワクワクドキドキするハスラーの世界を是非お楽しみ下さい!

【授賞理由】
授賞した「ハスラー」のカラーデザインは、“楽しい”をストレートに表現したら、このカラーバリエーションに行き着いたという色。これらの色には、楽しんでいるお客様の顔が見える。
今回のオートカラーアウォードでノミネートされたカラーデザインは、「美しいカラーデザインを追及した色」と、「カラーデザインで何かを変える色」とに大きくふたつの方向があった。デザイナーにとってどちらの姿勢も大切なのだが、今回は、カラーデザインでライフスタイルが変わる可能性を感じさせてくれた、ハスラーのコンセプトに票が集まった。
消費者の価値観が変化し、自動車の概念も大きく動いている現在、カラーデザイナーが、製作にかかわる様々な部署の人々を巻き込んで、果敢に「新しいカラーデザイン」に挑戦し、「楽しい!」カラーを実現できたことが高く評価された。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング