群馬県の四万グランドホテルが「世界初・ハローキティが楽しめる温泉」へ 2015年1月9日「メルヘンの湯」「かふぇ ふろれすた」オープン

@Press / 2014年12月9日 16時30分

「かふぇ ふろれすた はろうきてぃ」イメージ
平素は格別のご芳情を賜り誠にありがとうございます。

有限会社田村旅館(群馬県四万温泉 代表取締役社長・田村 康)は、2015年1月9日(金)に株式会社サンリオ(東京都品川区 代表取締役社長・辻 信太郎)の人気キャラクター≪ハローキティ≫のデザインで装った、「メルヘンの湯」と「かふぇふろれすた」を「四万グランドホテル」にオープンいたします。

「四万グランドホテル」は群馬県北西部に位置する上信越国立公園・四万温泉にあり、10万坪の敷地を有する楽養郷でございます。温泉は古くから胃腸の湯として知られ、日本三大胃腸の湯の一つにも数えられています。また、24時間完全放流の掛け流し天然温泉で、その源泉には肌の新陳代謝を促進する天然の保湿成分「メタケイ酸」が1,000mg中175mgと、通常(約50mg)の3倍以上も含まれていることでも知られています。

またお料理は、飲泉できる四万温泉を利用した健康的な源泉料理を中心に、地元の食材を活かした豪華料理をバイキング形式にてご用意いたします。

自然環境も湯量も豊かな四万温泉の中で、室町時代より田村旅館別館として栄えた「四万グランドホテル」。このたび≪ハローキティ≫とともに新たな温泉の楽しみを皆さまにご提供します。
交通も通信も不便な明治・大正の時代から、四万温泉を愛しいらしてくださったハイカラさんが、今回≪たむらオリジナル・和モダンスタイルのハローキティ≫で蘇ります。
≪世界で初めてのハローキティが楽しめる温泉≫で身も心も健康に。
下記に概要を紹介しております。お気軽にお問合せください。


【かふぇ ふろれすたの概要】
■「かふぇ ふろれすた はろうきてぃ」について
湯治や避暑を兼ねた保養の場であった四万温泉で、湯上りにのんびり寛いだのは温泉街の茶屋でした。この度、「四万グランドホテルの1階ロビー脇」には、ちょっぴり都会をイメージした和モダンカフェの「かふぇ ふろれすた はろうきてぃ」ができました(ふろれすた“Floresta”はスペイン語で木立・森を表わす言葉です)。
袴スタイルと和モダンの着物スタイルは、四万の四季を彩る花(さくら・つばき・ゆり・うめ・しゃくやくなど)をモチーフにして華を添えた、≪たむらオリジナルのハローキティ≫です。
メニューは、湯上りにちょっとつまむ“おいなりさんとお茶”“ハイカラカレー”“気取ったコーヒー”そして“地元の花豆を使った甘味”などをご用意しました。
店内には、ちょっと≪おすまししたハローキティ≫が皆さまをお出迎えし、一緒に写真撮影できるスポットもあります。おそろいのリボンをつけ、巾着を持っての記念撮影も「かふぇ」の楽しみです。
四万グランドホテルに滞在されるお客様がくつろぐ場として、また四万温泉にいらしたすべてのお客様に、気軽に立ち寄っていただける社交の場として「かふぇ ふろれすた はろうきてぃ」をお楽しみいただけます。

@Press

トピックスRSS

ランキング