振り込め詐欺をアプリで防止「電話帳ナビ for Android」詐欺業者の電話番号を12月10日に追加

@Press / 2014年12月10日 11時0分

架空請求業者からの着信例
 株式会社ライドアンドコネクト(本社:東京都調布市、代表取締役:祐野 和義)は、知らない番号でも相手がわかるアプリ「電話帳ナビ for Android」において、2014年12月10日、振り込め詐欺などに利用されている犯罪性の高い電話番号約800件を新たにデータベースに追加いたしました。
 今回データベースに追加された電話番号は、警察庁が発表している「被害金送付先住所一覧表」や地方自治体で公表されている情報を集約したもので行政が「詐欺」と断定している信頼性の高い情報です。


■詐欺の手口について
<振り込め詐欺>
 よく知られている手口としては「オレオレ詐欺」、「架空請求詐欺」、「融資保証金詐欺」、「還付金詐欺」があり、このうち「オレオレ詐欺」と「架空請求詐欺」は被害額が多く年間で約400億円近くの被害が出ています。

<架空請求>
 不特定多数にメールやハガキで架空の請求をする手口。アダルトサイトでサンプル画像をクリックすると請求画面が表示され「振り込まないと自宅や職場に連絡する」などと書かれていることがありますが、これも利用者の不安を煽り振り込ませる手法で「ワンクリック詐欺」とも呼ばれています。

 本アプリを利用いただくことで、上記を行う番号からの電話であると、ひと目で分かるよう表示されるため、トラブルを未然に防ぐことが可能です。


■「電話帳ナビ」とは
 「電話帳ナビ」はあらゆる電話番号情報を網羅した全国版電話帳です。企業や団体、お店の発信する情報と全国のユーザから投稿された情報を同時にチェックする事ができます。
 電話帳ナビのデータベースには日本国内の電話番号だけでも9,000万件以上の番号が登録されており情報量は同様アプリの中でも国内トップクラス。(2014年12月1日時点)


■「電話帳ナビ for Android」とは
 スマホに未登録の番号を独自データベースと照合し相手先情報を画面上に表示するアプリです。例えば、今回登録された詐欺グループから電話がかかってくると画面上に「OO詐欺(架空請求)【注意】」のように相手先の情報が事前に通知されるので応答するかしないか冷静に判断が行えます。
 ダウンロードすればすぐに利用可能で、利用料は無料です。また会員登録も不要です。

<アプリの容量はわずか1.7M>
 機能面だけでなくアプリ動作の“安定性”、“軽快性”でもユーザーから評価が高いです。本アプリは端末自体にデータは持たず、着信毎に専用データベースを参照することで軽量化を実現しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング