企業向けシングルサインオンサービス「ID Federation」のトライアル提供を開始

@Press / 2014年12月10日 15時0分

サービス提供イメージ(本格提供時)
 NTTコミュニケーションズ株式会社(略称:NTT Com)は、業務において利用するクラウドサービスを始めとした、多種多様なアプリケーションを1つのIDで利用できる(シングルサインオン(*1))企業向けIDaaS(*2)「ID Federation」について、2015年1月9日よりトライアル提供を開始します。
 既存クラウドサービス(SaaS)と接続可能な利便性を強みとするほか、さらにオンプレミス環境にある業務アプリケーションにもシームレスにログインが可能です。また多彩な認証技術を用いたセキュアな接続により、利便性とセキュリティを両立したサービスを提供します。
 NTT Comは、トライアルを通して得られたノウハウやお客さまからのニーズをもとに機能の精査を行っていきます。2015年3月末に、対応するSaaSなど業務アプリケーションの大幅な拡大・認証メニューの追加を行い、サービスの提供を開始する予定です。


1.背景
 企業内の業務アプリケーションに関しては、その数が増えれば増えるほど、システム管理者によるID・パスワードの管理が煩雑になるという課題があります。また、利用者である社員が覚えやすいように推測が容易なパスワードを使用してしまうケースや、他人の目につく場所にメモを貼ってしまうケースがあり、情報漏えいなどのリスクが増大するため、このような課題への対策が求められています。
 さらに、昨今のICT環境においては、業務アプリケーションがクラウド上やオンプレミスに併存するいわゆる「ハイブリッド」な形態での利用や、スマートデバイスによる社外からの業務アプリケーションの利用が進んでおり、これらの業務環境に対応できる対策を講じなければ、十分な利便性やセキュリティを確保することができません。
 「ID Federation」は、このような環境でも、シームレスかつセキュアに利用できるサービスです。


2.サービスの特長
<サービス提供イメージ(本格提供時)>
http://www.atpress.ne.jp/releases/54867/img_54867_1.png

(1) 「ハイブリッド」な利用環境に最適なサービス
 NTT Comが提供するSaaSはもちろん、サードパーティーが提供するSaaS、お客さまのデータセンター内を含むオンプレミスな環境にある業務アプリケーションなど、提供する事業者やその形態(オンプレミス/クラウド)を問わず、まとめて1つのIDで各種業務アプリケーションへのシングルサインオンを実現します(*1)。
 とくにオンプレミスの業務アプリケーションへのシングルサインオンは、一般にSIによるシステム構築が必要な場合が多くありますが、「ID Federation」は導入が容易なクラウド型のサービスとしてこれを実現します。

@Press

トピックスRSS

ランキング