生活者の“インサイト”を発見し、UX(ユーザーエクスペリエンス)の改善につなげるための新たな調査サービス「Insight Finder」の提供を発表

@Press / 2014年12月11日 12時0分

サービス概要
 トライベック・ストラテジー株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:後藤 洋、以下 トライベック)は、生活者の“インサイト”を発見し、最適なUX(ユーザーエクスペリエンス)の提供につなげるための新たな調査サービス「Insight Finder(インサイト ファインダー)」の提供を開始します。


■サービス提供の背景
 生活者ニーズやタッチポイントが多様化・複雑化する今、生活者の消費意欲を高め購買行動を後押しするためには、ユーザーの“インサイト”を的確に捉えることが不可欠となります。特に、企業マーケティングの中心になりつつあるオウンドメディアにおいて、ユーザー理解に基づいた最適なUX(ユーザーエクスペリエンス)を提供できるかどうかは、ビジネスそのものを左右する重要なポイントです。

 しかし、デプス調査やユーザビリティテストなど従来のユーザー調査は実施までに時間が掛かるだけでなく、費用が高いため簡単に導入できるものではありませんでした。

 そこで、トライベックでは、今まで企業に提供してきたオウンドメディアコンサルティングのノウハウを活かし、効果的な改善につながるインプットを得られるリモート・ユーザーテストのサービス「Insight Finder」を開発しました。本サービスでは、モニタが自宅のパソコン(スマートフォン)でテストを行うことはもちろんのこと、同時に複数のモニタがテストに参加することもできるため、従来のユーザー調査に比べて短期間で実施することが可能となります。


■サービス概要
 「Insight Finder」では、モニタが商品・サービスの閲覧やキャンペーンへの申込みなど主要なタスクを実施した後に、オウンドメディアの評価・振り返りを実施します。トライベックのUXフレームワークを用いて、「4つの障壁」(初動・経験・購入・共感)に沿ってオウンドメディアを0~10の11段階で評価するとともに、その理由を実際の画面を操作しながら回答してもらうことで、サイト来訪からコンバージョンに至るまでのユーザー行動プロセスにおける“インサイト”が浮き彫りとなります。

サービス概要
http://www.atpress.ne.jp/releases/54917/img_54917_1.png

<ユーザー調査の様子(イメージ)>
http://www.atpress.ne.jp/releases/54917/img_54917_2.png

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング